乃木坂46が案内されて伊勢丹宇宙支店で買い物をする未来のショッピング体験が新宿店で展示

近年縮まりつつあるモノとデジタルとの距離感ですが、未来の私達のショッピング体験はどうなっているのでしょうか?

12月26日(土)から1月12日(火)まで、伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区にて「ようこそ、ISETAN宇宙支店へ ~わたしたちの未来の百貨店~」が開催されます。未来のショッピングをテーマにしているというこの展示。VRを使った新しい形のショッピングを提案しています。

image01

地球から遠く離れたとある惑星にそびえ建つ建物は、三越伊勢丹が西暦3016年にオープンさせた初の「宇宙支店」。宇宙のあらゆる星と時代から人々が集まる流行の中心地です。架空の宇宙トラベル会社「nn air」の制服や旅行に必須のパジャマなど、”宇宙トレンド”を取り込んだものを取り扱っています。地球からはるばる訪れ、出迎えてくれるのは案内人の堀末央奈さん(乃木坂46)。彼女からのメッセージはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=PwrFKLgL_ds

「未来の百貨店」をコンセプトに企画を行ったのは、新進気鋭のファッションデザイナー・中里周子氏。中里氏のセレクトしたアイテムや空間装飾によって、TOKYO解放区を「ISETAN宇宙支店」として表現しています。VRヘッドマウントディスプレイを装着してVRでの内で体験できるのは、宇宙支店までの旅路。宇宙船内の広告には、Psychic VR LabによるSTYLYという、高精度3Dスキャニングによってアイテムを3Dオブジェクト化するサービスを使用。3Dモデルを360度様々な方向から見ることで、実物がなくとも、デジタル空間にそのままモノが存在するような表現を可能にする先進的な取り組みです。

STYLYの活用事例 NORIKONAKAZATOのオンラインショップ
https://styly.cc/norikonakazato/

image00

未来の伊勢丹でのショッピング体験。一体どんなものになっているのか、注目したいですね。

(関連記事)
【体験レポ】あのDeep Dreamを世間に広めたチームがおくるVR×DJのダンスイベント『Spatial Jockey』

【座談会レポ】芸術にVRを活用してどのような気付きがあったのか?『ISLAND IS ISLANDS』(後編)


VR空間における商品の展示への試み。ファッションデザイナー中里周子氏、VRを活用したコレクションを発表。

■展示概要
「ようこそ、ISETAN宇宙支店へ ~わたしたちの未来の百貨店~」

・会期:2015年12月26日(土)ー2016年 1月12日(火)
※12月31日は10 時 – 18時の営業となります。
※1月1日、1月2日は休館日となります。

・会場:伊勢丹新宿店本館2階 センターパーク/TOKYO解放区

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/