【体験レポ】 新宿伊勢丹でVRが変える未来のショッピングを体感してきた

宇宙まで時空トラベルするショッピング体験!華やかな老舗百貨店”伊勢丹新宿店”で行われているのは、そんな夢のような企画「ようこそ、ISETAN宇宙支店へ ~わたしたちの未来の百貨店~」です。

image201601021836021

伊勢丹と言えば、誰もが知る老舗百貨店。天井から床までのきらきらと美しいインテリアデザインや、棚にならぶブランド品の数々に目を奪われます。本館2階に上がった先で出迎えてくれたのは、宇宙服などが展示されたお洒落なディスプレイ。ディレクションは、ファッションデザイナー・中里周子氏によるもの。中里氏は、欧米最大のファッションコンテンスト「ITS」・ジュエリー部門にてアワードを受賞しています。

image201512310533462

伊勢丹宇宙店への旅路は、搭乗券を受け取るところから

支店に入って、まず手渡されたのは、「伊勢丹宇宙店に行くための宇宙船の搭乗券」。VR体験を行うための整理券として使用されているものですが、この搭乗券にはある秘密が。右下にプリントされているQRコードにアクセスすると、好みの商品を360度から見まわして購入できるシステム「STYLY」を使ったショッピングサイトを利用できます。twitterの話題のニュースで取り上げられた程の展示ですが、1回あたりの体験人数は1人。未来のショッピングスタイルを楽しみながら、搭乗を待ってみては….?

image00

image06

STYLYのサイト。商品を360度動かしながら見ることができる新しいEC(電子商取引)の仕組みです。技術提供を行っている Psychic VR Lab代表の山口氏によると、「ネット上で商品を360度で見渡せるVR購買システムが、今後何千何億という商品を取り扱うようになると考えています。そして、次の若い世代ではそれが当たり前になるのではないでしょうか?」とコメント。「STYLY」はその第一歩だと語りました。

プライベートな空間で、優雅な宇宙のひと時を

Oculus Riftを被ると、宇宙船の中にいる自分に気づきます。窓の外側には、漆黒の宇宙と地球。新宿店から宇宙店までの時空フライトを体感できます。伊勢丹宇宙店までの旅の途中様々な商品が目の前に現われ、その紹介してくれるのはキャビンアテンダントを務める乃木坂46の伊藤万理奈さん。「まるでショッピングがテーマパークのアトラクションのよう」といった感想を、体験者から耳にしました。

image03

体験後、360度の異世界で紹介されていた商品が現実世界で本当に売られているのは、なんとも不思議な気持ち。iPhoneケースから洋服まで、様々なアイテムを店頭で実際に購入できます。

image201512302025303

image201512302022164

1000年後の宇宙を舞台にした中里氏の表現。VRの表現力は、今後のショッピング体験にどれ程影響を及ぼすのでしょうか?Oculus Riftの”伊勢丹デビュー”を実現させた中里氏ですが「まだまだ可能性はある」と、さらなる表現を追求する意向です。バーチャルリアリティ(VR)に触れた事の無い多くの人が、初めてヘッドマウントディスプレイ”Oculus Rift”に触れる機会としても注目ですね。

■関連記事
12月26日より、乃木坂46に案内されながら伊勢丹宇宙支店で買い物をする未来のショッピング体験が展示

■展示概要
「ようこそ、ISETAN宇宙支店へ ~わたしたちの未来の百貨店~」
・会期:2015年12月26日(土)ー2016年 1月12日(火)
※12月31日は10 時 – 18時の営業となります。
※1月1日、1月2日は休館日となります。
・会場:伊勢丹新宿店本館2階 センターパーク/TOKYO解放区

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/