ARを使ったスマホ広告は“触れる”インタラクティブ広告

新しいメディアが登場すると、新たな広告形態が現れます。VRに続いてARを使ったスマートフォン向け広告が登場しました。このAR広告を始めたのはイスラエルのマーケティング/広告企業であるIronSourceです。同社は、スマホゲーム用のAR広告を発表しました。


モバイルゲーム用のAR広告

同社はスマホARを用いてユーザーが“触れ合える”新しい広告を開発しています。広告のデザインや開発はIronSourceの社内スタジオであるPlayworks Studioが担当、同スタジオではゲームを用いた広告開発を専門に行なっています。

IronSourceの主任デザインオフィサーであるダン・グリーンバーグ氏によると、「広告は社内で制作し、クライアントから得た3D素材を用いていいます。制作には社内のグラフィックデザイナー、アニメーター、プログラマー、ゲームデザイナーやデータサイエンティストらが関わる」とのことで、「(IronSourceは)AR広告を配信する最初の企業として特異な位置にいる」と語っています。

インタラクティブ性を重視した広告

同社が開発するモバイルAR広告の例として、次のようなものが挙げられます。ユーザーがスマートフォンのアプリを起動し、『ポケモンGO』と同じような様子でキャラクターが現実空間にAR表示されます。プレイヤーはキャラクターにファイヤーボールを投げ、ミニゲームをプレイします。そしてゲームが終了すると本編のゲームをインストールするかどうかを聞かれます。従来のようにユーザーが受動的に視聴する一方通行の広告から、インタラクティブ性を重視した体験型の広告をもたらします。

AR広告は体験型へ

Greenberg氏によると、「今日、成功するゲーム広告とは従来のようなバナー広告ではなく(中略)それはユーザーに体験をもたらすものだと考えています。体験をもたらす広告とは、ゲームと同じくらいユーザーが触れ合うことができるものです」と語っています。また、ユーザーが触れ合うことができる広告に関して「ARはまさに最適の例です」とのことです。

ARは今後数年間にわたってモバイル端末を主要なプラットフォームにして普及していくと予測されます。Greenberg氏はARによってモバイル広告が進化するのは自然なことであり、「従来の受動的な広告から、インタラクティブなものへと変わります」と語っています。

(参考)
VentureBeat / IronSource launches ‘world’s first’ AR ads for mobile games(英語)
https://venturebeat.com/2017/09/28/ironsource-launches-worlds-first-ar-ads-for-mobile-games/

関連するキーワード: IronSource

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ