スマホを通して現実に iPhoneのAR機能ARKitを使った4つの開発事例

アップルは先日行われたWWDC2017でiOSのAR機能への対応を発表しました。その開発キットであるARKitはIPhone、IPadのカメラのみで現実を認識して、3Dモデルを表示することなどができます。

ARkitを使った開発例はすでに複数公開されており、その4つを紹介します。

ARの世界に「Helloworld!」

開発者のコーディブラウンはIPhone6S上で実行されているARKitの、最初の「Helloworld!」テストとして人気FPSゲームである『Overwatch』のアセットを使い、簡単なデモを作成しました。

https://www.youtube.com/watch?v=4HY868Jskrc

また、WWDC2017のアップルの基調講演では、ステージ上のテーブル上で動くミニチュアながらも迫力のあるARのライブデモを紹介しました。

https://www.youtube.com/watch?v=S14AVwaBF-Y

このデモの最も印象的な点はiPadの背面にある単一のカメラを使用して机の位置を正確にトラッキングしているという点です。カメラとセンサーのセットを使用するグーグルのモバイルARプラットフォームTangoとは異なり、専用ハードウェアを必要とすることなく、かなり安定したトラッキングをしているように見えます。

容易な開発環境と単一カメラの限界に挑戦するデモ

ゲーム開発エンジンであるUnityを使ったサンプルデモでは、トラッキングポイントがどのように取られているのかを見ることができます。Unityを使うことで開発者は容易にARアプリケーションを開発することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=6dbuuPeGRhw

オーストリアのAR企業であるViewARは、カメラを覆い、バーチャルな物体から遠ざかり、ドリフトをチェックするために異なる照明条件の複数の部屋を通過する、といった厳しい追跡テストを行っています。 結果としては、単一のカメラを使用することの限界に挑戦しています。

https://www.youtube.com/watch?v=dMEWp45WAUg

iPhone、iPadといったデバイスでARができるようになることで、ARの敷居が下がることで、ユーザーがARに今まで以上に気軽に触れることができるようになります。開発者も今回発表されたARKitを使用することでARアプリケーションが容易に開発できるようになり、
AR対応アプリケーションの数も増えていくことが期待されます。

ARKitが公式に対応するIOS11のリリースは秋を予定しています。今後のARの普及に大きく前進した形となり、非常に楽しみです。

(参考)
4 Dev Demos Showing Off Apple’s New ARKit Trackingー(英語)
http://www.roadtovr.com/4-dev-demos-showing-off-apples-new-arkit-tracking/

関連するキーワード: ARKitノウハウ

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ