知らなかった車の安全機能を体験 アイオワ大がVRアプリ開発

アイオワ大学が安全運転の意識向上を目的とした、車の安全機能について学ぶことできる『CarTech VR360』というVRモバイルアプリを開発しました。

車の安全機能を学べる『CarTech VR360』とは

アメリカのNational Security Councilは、車の安全機能について知らないうちに安全機能が作動したとき驚かされたという運転者が39%もいるという調査結果を出しました。

『CarTech VR360』はアイオア大学がこのNational Security Councilの調査結果に応じて開発した運転者に車の安全機能について紹介するアプリです。

『CarTech VR360』は現在iOSAndroidで利用が可能でダウンロードも無料で、以下の車の安全機能についてアプリを通して知ることができます。

・自動緊急ブレーキ
・死角モニター
・バックカメラ
・LDP(車線逸脱防止支援システム)
・ACC(定速走行・車間距離制御装)
・居眠り運転検知システム 

National Security Councilのデボラ・ハーズマンCEOは「『CarTech VR360』は安全運転の意識を向上させてくれる数少ないアプリの一つで、VRを通して運転者が車の安全機能についてさらに知っていただければと思います。」と語っています。

VRを使って安全運転

交通安全の取り組みのためのVRの活用は増えています。

最近では、NTT西日本と大阪府警、交通安全教室に自動車事故を体験するVRを使ったり、車以外にも電車の事故防止のためソフトバンクがJR東日本とVRを用いた事故疑似体験を制作しました。

今後も交通安全対策のためにVRがどのように活用されていくのか期待が高まります。

(参考)
University Of Iowa Develop VR Mobile App To Improve Car Safety https://www.vrfocus.com/2017/03/university-of-iowa-develop-vr-mobile-app-to-improve-car-safety/ (英語)

MoguraVRはVRfocusとパートナーシップを結んでおります。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ