「森のいきもの」の眼で世界を体感 国内初公開のVR作品が展示

山口情報芸術センターでは10月9日〜10日にかけて、マシュマロ・レーザー・フィーストによるVR作品「IN THE EYES OF THE ANIMAL」を日本で初公開するイベントを開催します。
image01

もしも、森のいきものになったら「IN THE EYES OF THE ANIMAL」

In the Eyes of the Animal (trailer)
https://vimeo.com/176836010

「IN THE EYES OF THE ANIMAL」はロンドンを拠点に活動するクリエイティブ・スタジオ「マシュマロ・レーザー・フィースト」によるVR作品です。

2015年に発表され、サンダンス映画祭のNew Frontier Art部門に選出されるなど、国際的に高い評価を得ています。

人間とは異なる視覚を持った森のいきものたち、トンボ、ユスリカ、フクロウ、カエルになってVR空間上の森を移動する作品となっています。

会場は本物の森

「IN THE EYES OF THE ANIMAL」では、本物の森のなかを会場として、鑑賞をおこないます。
image00

鑑賞にはヘッドマウントディスプレイを装着。

ヘッドマウントディスプレイに投映される森は、英国の湖水地方に実在する「グリスデールの森」をモチーフにしているとのこと。ドローンやレーザースキャナーなどのテクノロジーを駆使して撮影した景色をVR空間内に再構成しています。

会場が森ということもあり、土の匂いや風の肌触りも作品に組み合わされ、増幅された体験を楽しめるとしています。

開催概要

開催日:2016年10月9日(日)〜10日(月)
開催時間:9:30〜14:00
     11:45〜16:15
     13:30〜18:00
会場:犬鳴の滝(山口市仁保)
料金:2,500円(要申込)
定員:16人
対象年齢:13歳以上

詳細情報や申込み方法はこちら

(参考)
もしも、森のいきものになったら|山口情報芸術センター[YCAM]
http://www.ycam.jp/events/2016/in-the-eyes-of-the-animal/

・360度動画を紹介している記事一覧はこちらです!

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 175pnk

    南の島のVRに恵まれた環境で学生をしています。
    研究でVRを扱ってしまいVRを嫌いになりかけたところ、MoguraVRにてインターンの募集をしていたため、初心を取り戻すべく参加。と言うと聞こえがよさそうなのでそういうことにしておきます。