VRがインテリア産業のサプライチェーンを変化させる?中国企業が6.6億円の資金調達

2017年1月11日、VRをインテリア産業に活用する取組を進めている企業「打扮家」社は北京で記者会見を行い、中国大手インテリア企業「红星美凯龙」からの4,000万元(約6.6億円)の資金調達を発表しました。

記者会見で、打扮家の社長である崔健氏は、PCメーカーのデルとの提携を発表し、ともにインテリア及び関連領域のVR製品の普及や発展を促進するとしています。具体的な内容は今後明らかになるとのこと。

打扮家社長崔健氏

VRとインテリアとの結合にはさまざまな可能性が生まれています。例えばデザイン段階でVRを使うことでより現実に近いものを確認できること。デザイナーの仕事の効率化に繋がるとともに、クライアントにとってもデザインを変更するコストが減少します。

红星美凯龙副社長王伟氏

VRはインテリア業界に変革をもたらしましたが、現在市場に流通しているVRで内装をチェックするアプリは似たようなものが多い現状です。例えばワンクリックで家具をVRモデルに変換できる機能があったら、さらに効率的になるかもしれません。

インテリア産業には家具メーカーが製造したインテリアを間にコーディネート会社が入り販売するというサプライチェーンが存在しています。

打扮家によると、VRの活用が(直接家具メーカーと顧客を結び)こうした既存のインテリア産業のサプライチェーンの上下関係の変化もありうるとのこと。VR/AR産業連盟の第一弾メンバーとして、今回も投資を得た打扮家の今後がどうなるかが気になるところです。

(参考)

VR家装企业打扮家获红星美凯龙4千万A轮融资

http://news.87870.com/xinwennr-18151.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ