インテル、一体型モバイルVRヘッドセット「Project Alloy」発表 位置と手のトラッキングが可能

インテルは、サンフランシスコで開催された開発者向けのイベントにて一体型のモバイルVRヘッドセット「Project Alloy」を発表しました。2017年にオープンプラットフォームで展開予定です。

image01

年1回開催される開発者向けのイベントIntel Developers Forumの基調講演にて、インテルのCEOブライアン・クラーザーニッチ氏は「Alloy」という名前のVRヘッドセットを発表しました。このAlloyは、スマホなどを使わず、プロセッサとセンサー等を内蔵する一体型のVRヘッドセットです。
Oculus RiftやHTC Viveのように外部センサーを使わずにプレイヤが動きまわることのできる位置トラッキング機能を備えています。

image02

Project Alloyの外見。形状はPlayStation VRに似ている模様。ヘッドバンドにはインテルの技術であるRealsenseの文字が。

Project Alloyの技術的な詳細は明かされていませんが、プロセッサはオンボードのもの(PC向けの第6世代Core CPU)が搭載されており、Realsense対応のカメラが内蔵されています。

このRealsense対応のカメラにより、Project Alloyでは、手のトラッキングと空間認識が可能です。インテルによれば、「衝突を探知し、回避」することもできるとのこと、現実世界にある壁などにぶつかりそうになると警告が出てくるような仕組みも搭載されているようです。

これまで、モバイルVR向けに登場した位置トラッキングはいずれも課題のあるものが多くあり、このProject Alloyはそれを克服するものとして期待されます。

インテルはさらに、Project Alloyは現実世界とバーチャルな世界を組み合わせる、MRデバイス(インテルはMerged Reallity(融合した現実)と呼称)にもなるとしています。デモでは、現実世界のドル札を掴み、実際にVRでも認識している様子が披露されました。

image00

Project Alloyは2017年にオープンなレファレンスモデルとして展開。Project Alloyを元にパートナー企業は独自ブランドのヘッドセットを開発することができます。

(参考)
http://www.roadtovr.com/intel-project-alloy-mobile-vr-headset-positional-tracking-tetherless-idf-2016/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ