ブラウザ上でVRアプリを制作する「InstaVR」にユーザーの動きを把握するヒートマップ分析機能が追加

日本に拠点を置くCANDLIFY VR Technologies 株式会社は、ウェブブラウザ上でコードを書くことなくVRアプリを制作できる「InstaVR」に注視点ヒートマップ分析機能を提供することを明らかにしました。4月27日~29日に米国で開催される「SVVR Expo 2016」にて、この注視点ヒートマップ分析機能が追加された「InstaVR」の最新バージョンが発表されます。

InstaVR

InstaVR

今回のバージョンアップにより「InstaVR」で作成されたVRアプリは、自動的にヒートマップ情報を収集し、アプリ開発者はユーザー行動を分析することが可能になります。これにより、ユーザー行動に基づいたアプリの調整、コンテンツの作成などができるようになるとのことです。

「InstaVR」は、制作したVRアプリのメジャーなプラットフォームへの配信までをサポートしており、これまでに1,500以上のVRアプリをパッケージ化しています。この注視点ヒートマップ分析機能の追加により、「InstaVR」のみで開発から配信、分析までが完結するツールとなります。

同社によれば、注視点ヒートマップ分析機能によって「どこに重点をおいてバーチャル・リアリティ・コンテンツを作成・改善すべきか分からない」という課題を解決できるようになるとされ、VRアプリの質の向上に役立つ機能であることが期待されます。

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/