グリー、不動産向け新サービス開始 スマホで住空間を本格VRコンテンツ化

グリーは、2017年5月23日より「InsideMaps Inc.」の提供する住居空間の撮影およびVRコンテンツ配信ソリューション「InsideMaps」を不動産業向けに販売開始しました。

InsideMapsは、スマートフォンで撮影した写真をもとに各種不動産コンテンツが自動生成される住空間撮影VRコンテンツ配信ソリューションです。

アメリカのスタートアップInsideMaps Inc.の提供する撮影機材とスマートフォンの撮影により、これまで人の手を介して編集を行ってきたウォークスルー機能付き3Dツアーや、間取り図、3Dモデルを全てクラウド上で同時に自動生成することを可能にしました。

THETAなどでの撮影と異なり、VRに対応した立体視可能な撮影が可能。さらに空間構造を把握した3Dマッピング化が可能です。そして、その最大の特徴は高額な特殊カメラを使わずにスマートフォンで撮影ができるというコスト面の低さです。また、


insidemapsの開発した撮影装置。スマートフォンを使い、リグが自動回転することにより360度撮影を数秒以内に完了する。

購入者・賃借人の内見に要する移動時間、鍵の受け渡し時間、費用などは消費者および不動産事業者の課題とされていて、オンライン内見・バーチャル内見による接客の効率化が期待されているとのこと。

サービス概要

InsideMaps(インサイドマップス)

提供開始日 2017年5月23日
利用金額 初期費用 0円、6800円/物件
サイトURL https://vrestate.jp/

なおアルテリア・ネットワークス株式会社が手がける、店舗やWebサイト上で物件を擬似内見できるVR内見システム『VR内見(TM)』や、建築予定物件の風景予想を見ることができるVR新築見学システム「SHOWRISE」など、不動産業界におけるVRの活用が拡大されています。

(参考)
プレスリリース

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ