成人向けを含むVRコンテンツの販売サイト「Imagine VR」が今夏開始。海外展開の無料支援も

同人ゲームのDLプラットフォーム『DL Site.com』を展開するエイシスとアメリカのImagine VRは、協業し、Oculus RiftでプレイするVRコンテンツのプラットフォームとなる『Imagine VR』を開始することを発表しました。

公開は夏を予定しており、現在はティザーサイトがオープンしています。

image00

Imagine VRのティザーサイトによると、このプラットフォームはVRのクリエイター支援を目的とし、バーチャルリアリティコンテンツに特化したパブリッシングサービスを展開するとのこと。日本におけるDL Siteでのコンテンツの配信のみならず、海外での販売に関してもサポートをしていくとのこと。「作品ローカライズ、カスタマーサポート、マーケティングは無料で提供」するとしています。

また、このImagine VRでは、成人向けのVRコンテンツを取り扱うことが明らかになっています。これまで国内での、成人向けのVR対応ゲームには『カスタムメイド3D』、『Playgirls』の2作品がありましたが、Oculus Riftの製品版発売と販売プラットフォームの登場に伴い、他にも多くのコンテンツが現れることが期待されます。


(参考)
Imagine VR公式
http://jp.imaginevr.io/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/