IKEA、14000人の従業員へのクリスマスプレゼントはVRゴーグル

スウェーデンの家具メーカーであるIKEAはクリスマスに従業員に対して、VRヘッドセットをプレゼンしました。

1人当たり2台を支給

支給の対象となったのはアメリカのイケアに勤務する14,000人の従業員で、自分用のヘッドセットと家族や友人にプレゼントするためのヘッドセットの計2台が支給されました。米メディアFast Companyによると、配布されたのはスマートフォンを装着するタイプのVRゴーグルの模様です。

従業員に休日の楽しみを提供するのはもちろん、従業員がVRに順応するための手助けにもなる、とコメントを出しています。

以前からVR/ARをに注力

IKEAは2016年に、あたかも店内を歩き回ってショッピングをしているような体験ができるVRソフト『IKEA VR Experience』をリリースしています。また2017年には、家にバーチャル家具を置いて購入前の様子を見ることができるARアプリ『IKEA Place』をリリースするなどVR/ARに力を入れてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=1S0GO5kbMYo

新しい購買体験をリードする

同社は「私たちは周りの世界が変化していることを理解している」というコメントを出し、革新的なショッピング体験を提供する新しい媒体として、VRとARに目を向けています。今後、同社がショッピング体験をVRで変えていくのか注目が集まります。

(参考)
IKEA Gifts 14,000 Employees VR Headsets For Christmas; Launch In-Store Game
https://vrscout.com/news/ikea-gifts-14000-employees-vr-headset-christmas-launch-store-game/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: IKEA

この記事を書いた人

  • 田口大智

    明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!