PC・スマホ不要のVRHMD『IDEALENS K2』中国で9月発売

image00 copy copy copy copy copy
アイデアレンズ社は、新型のVRHMD(ヘッドマウンドディスプレイ)『IDEALENS K2』を9月15日(木)より中国において発売することを発表しました。8月11日(木)中国・北京で開催された発表会にて明らかになりました。

本製品の日本市場への進出とコンテンツ協力を担当するのはクリーク・アンド・リバー社となっており、問い合わせ先などはプレスリリースにて記載されています。
image01 copy copy copy copy
発表会では、既にゲームなどを含む200以上のコンテンツがプラットフォームに搭載されることや、サムスン電子と技術的な提携をおこない、VRチップを共同開発することが発表され、VRのソフトとハード両面に対して準備ができていることをアピールしました。

中国製のVRヘッドマウントディスプレイに多い、「Oculus RiftやHTC Viveとカタログスペックは同等だが、描画処理時の補正等が足りず、ヘッドトラッキング性能などが十分でないため、残像などが見えてしまう」といった課題を解決できているのかに注目したいところです。

今回発表した『IDEALENS K2』の特徴は、PCやスマホを用意する必要がなく単体で使用可能なため、室内に限らず、屋外でも体験することができる点です。

スペックは前モデル『IDEALENS K1』を引き継ぎつつ、視野角は120度、タイムラグは17ms(ミリ秒)、質量は290g(グラム)となっています。

『IDEALENS K2』のスペックは以下の通りとなっています。

「IDEALENS K2」 製品概要

 
 


外形寸法 HMD*本体部分のみ: 129mm x 183mm x 105mm
質量 HMD*本体部分のみ: 約290g
ディスプレイ方式  OLED
ディスプレイ解像度 1200 x 1080 x 2
視野角 120度
リフレッシュレート 90Hz
遅延 17ms
搭載センサ 9軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度・3軸地磁気)
各センサ応答時間 ≤2ms
プロセッサ CPU/ Exynos 7420 GPU/ Mali-T760 MP8
メモリー ROM/ 32G eMMC (OS、内蔵ソフトを含む) RAM/3G LPDDR3
拡張メモリー micro SD (最高128GB)
Wi-Fi 2.4G/5G 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0、3.0、2.0
接続端子 micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 約2.5~6時間程度
価格 3,499元(日本円で約52,000円強)
発売日 2016年9月15日(木)中国にて発売開始

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image00

    Shunri

    慶應義塾大学在学中の4年生。大学では経済、プログラミング、ビジネス、サービスデザインを中心に学んでいます。思い立ったが吉日!ってな感じで、水泳、サッカー、フットサル、将棋、ボードゲーム、ポーカー、自作パソコン、カメラ、アニメ…今はもちろん”VR”!広く深くを目指して‼

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/