ヒュンダイ、360度動画でラリーカーの助手席に乗る体験ができるスマホVR向けアプリ『Hyndai VR+』を配信中

スマホで簡単にVRを体験することができるGoogle Cardboard向けのVRアプリが増えつつあります。既に全世界に100万個以上が普及していると見られ、各企業もプロモーションの一貫に乗り出しています。

先日はLegendary Studiosの360度コンテンツを紹介しました。
今回は、自動車メーカー・ヒュンダイが配信している『Hyundai VR+』を紹介します。

image00 (1)

このアプリでは、ヒュンダインのラリーカーの助手席に乗り、レーサーの運転するラリーコースを体験できるというもの。

https://www.youtube.com/watch?v=i4VW21UGdG8

ラリーなので、舗装されていないガタガタの道を走るワイルドな体験となります。他にもCGのラリーコースを走ることができるゲームも遊ぶことができますが、頭を横に振るとハンドルを切るという設定のため、非常に酔いやすいコンテンツになっています。体験する際はご注意ください。

対応するVRデバイスとしては、通常モードではハコスコで、VRモードではGoogle Cardboardを初めとする両眼スマホVRデバイスで体験可能となっています。

iOSアプリのダウンロードはこちら

Androidアプリのダウンロードはこちら

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: google cardboard contents

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!