ソニーと東大、ARやVRを含む新領域「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」を推進へ

ソニー株式会社と東京大学は、技術系人材の育成と強化を目的として、「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」を東京大学大学院情報学環において2017年4月より推進していくことを発表しました。

ヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation)とは、人間の能力を拡張させるテクノロジーを開拓していくというものです。ソニー株式会社の発表によると、扱う対象としてAR/VRも含まれています。

拡張する能力の範囲は、知覚能力・認知能力・身体能力・存在感や健康などと捉えており、これまでに視線を認識するウェアラブルコンピュータ、ドローンやロボットによる体外視点を用いたトレーニング支援、人間の体験をウェアラブルセンサーやネットワークにより他の人間と共有・接続するなどの研究を行ってきました。

ヒューマンオーグメンテーションはまた、人間とテクノロジー・AIが一体化し、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあうという社会基盤の構築を視野に入れた研究領域となるとのこと。

ヒューマンオーグメンテーション学は、まず2017年4月より東京大学へのソニーからの寄付講座として実施されます。

寄付講座概要

寄付講座名称:和名)ヒューマンオーグメンテーション学(ソニー寄付講座)

       英名) Human Augmentation (endowed chair by Sony)

寄付講座開設期間(予定):2017年4月1日~2020年3月31日(3ヵ年度)

寄付講座担当教員(予定):特任准教授 味八木 崇

寄付及び講座創設先:国立大学法人 東京大学大学院 情報学環・学際情報学府

寄付及び寄付講座創設元:ソニー株式会社

 

(参考)

プレスリリース

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201703/17-0313/index.html

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ