イケメンだけでなくJKに壁ドン体験 ハウステンボスのVRアトラクションが追加で判明

3月4日に、ハウステンボスの新VRアトラクション施設がプレオープンしました。
総勢25ものVRコンテンツが集結するハウステンボス。どんなアトラクションがあるのでしょうか。

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、ハウステンボスの新VRアトラクション施設に、3つのVRコンテンツを提供しました。同社が取り扱うVRヘッドマウントディスプレイの「IDEALENS K2」が使用されます。

3つのVRアトラクションが判明

VRアトラクションは、園内のアトラクションタウンに設置される「VRの館」だけでなく、スリラーシティーやハーバータウンにも設置されます。

「VRの館」内のアトラクションは一部有料のものがあり、VRチケット(1枚100円・4枚セット500円)を券売機で買う必要があります。

クリーク・アンド・リバー社が提供するコンテンツは以下の3つです。

「迫りくる愛のささやき」

場所:VRの館
定員:8名/回
時間:約2分
料金:200円
(VRの館入館はパスポート対象)



VR空間で、さまざまなシチュエーションの壁ドンが体験できるコンテンツとなっています。イケメンに壁ドンされるだけでなく、逆に女子高生に壁ドンされるモードもあります。

「ブロックブレイカー」


場所:VRの館
定員:8名/回
時間:約5分
料金:200円
(VRの館入館はパスポート対象)



「ブロックブレイカー」は最大4人で対戦できるブロック崩しです。まるでタワーのような巨大なブロックを、4人で崩し合います。

「VR心霊百物語 ~廃病院~」


場所:スリラーシティ
定員:8名/部屋
時間:約10分
料金:パスポート対象


廃病院を取材したTVスタッフが行方不明に…。残されたカメラに映っていたのは…
実在する心霊スポットの映像を用いた、ホラーVRとなっています。

VRHMDは「IDEALENS K2」が採用

上記の3つのコンテンツにはVRヘッドマウントディスプレイの「IDEALENS K2」が使用されるとのこと。
「IDEALENS K2」は、PCやスマホを用意する必要がない、ケーブルレスのHMDです。ピント調整不要、着脱が容易にできるなど、初心者に優しいアトラクション向けの設計となっています。同製品は、2016年9月より中国にて発売を開始し、日本では、研究用に試験販売が行われています。

「IDEALENS K2」は、3つのアトラクションの他にも、メリーゴーランドを用いて世界旅行を体験できる「DRAGON WORLD TOUR」にも使用されています。

(参考)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000879.000003670.html

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ