ハウステンボス、新VRアトラクション2種追加 リズムアクションにジェットコースター

ハウステンボスは、新たにVRリズムアクション『Airtone(エアトーン)』とVRジェットコースター『VR-KING』の2つのアトラクションを追加することを発表しました。

『Airtone』

『Airtone』は、AMG GAMESが開発するUnreal Engine 4 搭載のVRリズムアクションゲームです。メインキャラクターである「ネオン」に導かれ、空を飛びながらリズムに合わせて流れてくるノーツをタイミング良く処理していくゲームです。

本アトラクションは、4月28日から稼働開始です。

・「VRならではのリズムアクション 日本発『Airtone』の公式サイトがオープン

アトラクションの概要

場所:アトラクションタウン VRの館
定員:6名
対象:8歳以上(13歳未満は要保護者同意)
料金:VRチケット2枚 (1枚200円/4枚500円)

『VR-KING』

ライド型VRアトラクション『VR-KING』は、ビル街、渓谷、洞窟、水上といった日常では味わうことができない景色の中を駆け抜けるジェットコースターアトラクションです。現在のローラーコースターの「高さ・速さ・長さ」の3つの世界記録を上回った迫力をVR内の空間で体験できるとのことです。

本アトラクションは、対象年齢8歳以上(13歳未満は保護者の同意が必要)となっており、8月5日から稼働開始です。

なおハウステンボスでは、株式会社スクウェア・エニックスが開発した、体感型音楽VRアトラクション『バハムートディスコ』も2017年夏にオープンする予定となっています。

(参考)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000023462.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000023462.html

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!