Huawei、スマートフォンで使用するGear VRタイプの VRヘッドマウントディスプレイを発表

中国のスマートフォンメーカーHuaweiは、4月15日に行われたイベントにて、同社のスマートフォンを使うVRヘッドマウントディスプレイ「Huawei VR」を発表しました。

Huawei VR

形状はGear VRと酷似しており、1080pのスクリーン、描画の遅延は20ms以下、視野角95度、3D音響に対応等のスペックが明らかになっています。Engadgetによれば、メガネを使用しての装着は不可。

Huawei VR

Huawei VRはHuaweiの新型スマートフォンP9シリーズとmeta8に対応しています。コンテンツはローンチ時より、4,000点の動画と40のゲーム等を楽しめるようになるとのこと。本デバイスがVRヘッドマウントディスプレイを生産しているメーカーと協業しているものなのか、またコンテンツの配信にどのようなプラットフォームを立ち上げるのか等は不明です。

Huawei VR

(参考)
Engadget / Of course Huawei is making a Gear VR rival
http://www.engadget.com/2016/04/15/huawei-vr-headsets/

関連するキーワード: 中国

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ