Vive Pro、コントローラーなど付属品の新型は今年後半登場か

1月頭のCES2018でHTCはHTC Vvieの上位機種『Vive Pro』を発表しました。初期の出荷は、ヘッドセットのみとことで、新しいコントローラとベースステーションの発売は2018年後半になる見込みです。

HTC社はCSE2018にて『Vive Pro』を電撃発表し、近くのホテルでブース出展を行っていました。新モデルは2880×1600の高解像度のOLEDディスプレイを搭載しており、旧モデル(2160 x 1200)よりも解像度が78%向上しています。

新型コントローラーとベースステーション

Viveは位置トラッキングのためにベースステーションと呼ばれる装置を利用します。『Vive Pro』はSteamVRが発表している次期モデル・ベースステーション2.0に対応。ベースステーション2.0では総計4つ使うことで最大33×33フィート(約10メートル四方)でVRを体験することができるようになるほか、精度なども改善しています。

コントローラーに関しては、新しいベースステーションに対応した点以外はアップデートは発表されていません。Valve社が発表しているコントローラー『Knuckles』への対応は、今のところ予定がありません。

発売は今年の後半

『Vive Pro』は、2018年第1四半期に発売予定と見込まれています。新型コントローラーやベースステーション2.0の発売は今年の後半になる見込みです。『Vive Pro』は謎のフロントカメラが搭載されていることや価格など、不明点も残っており、今後の続報が待たれます。

(参考)
Glimpse the Vive Pro Controllers & SteamVR Tracking 2.0 Base Stations https://www.roadtovr.com/heres-glimpse-new-vive-pro-controllers-steamvr-tracking-2-0-base-stations/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: HTCHTC VvieVive Pro

この記事を書いた人

  • 滞在先の韓国でVR/ARを体験しその世界に魅了されました。機会をみつけてVR/AR体験を楽しんでいます。Instagram:@happieta