VRデバイスHTC Viveの販売台数が10万台を突破か

HTC ViveやOculus Riftの販売台数は2016年春以降公式には発表されておらず謎に包まれています。しかし、ゲーム配信プラットフォームSteamで販売されているコンテンツの販売数を集計している「Steam Spy」のデータから、HTC Viveの販売台数は10万本程度にのぼる可能性があります。

HTC Vive
2016年4月に世界中で販売が開始されたHTC Viveは、Steamの運営元であるValveが多くのゲームコンテンツを供給しているVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)です。

SteamSpyは、Steam上で販売されているゲームに関する様々な統計情報を、100万人ほどのユーザ情報から集計するサービスです。

SteamSpyはSteamにおけるHTC Viveの直接的な売上台数は集計していませんが、HTC Viveを購入した際に同梱される3つのVRコンテンツ『Tilt Brush』『Fantastic Contraption』『Job Simulator』についてのデータを見ることができます。
そのため、これらゲームの所有者数を参考にすることで、HTC Viveの売上実態に近い数値を確認することが出来ます。

HTC Vive
Steam Spyでの『Tilt Brush』の販売データ

HTC Vive
それによると、このコンテンツの所有者は10万人ほど。

なお、この数字は、HTC Viveの開発者向けキットに同梱されたソフトの数も含まれているため、実態よりわずかに多いデータを示している可能性がありますが、HTC Viveの販売台数が10万台に近づいていることは間違いなさそうです。

(参考)
HTC Vive Headset Nearing 100,000 Sales, Steam Data Suggests – Road To VR
http://www.roadtovr.com/htc-vive-sales-figures-data-100000-steamspy-data/

※米Road To VRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

この記事を書いた人