【HTC Vive】おすすめゲーム・アプリ週刊レビュー #2

毎週20以上のコンテンツがリリースされるPC向けヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」。

Mogura VRでは、毎日リリース情報をお伝えしていますが、「実際にどのコンテンツを遊んだら良いの?」という声をいただくこともしばしば。そこで週1回、1週間分のコンテンツから優良なものをピックアップしてレビューをお届けしています。

9月29日から10月5日までの1週間でHTC Vive向けの新作は12作品がリリースされました。今回は、その中から『Fast Action Hero』、『Basketball Babe』、『Slider Quest』の3作品をピックアップしてレビューしていきます。

リリースされた全作品はこちらから見ることができます。
29日
30日
4日
5日

Fast Action Hero

『Fast Action Hero』は建物の中で襲ってくる敵をリボルバーやサブマシンガンといった銃を使って撃退するというアクションゲーム。
image04
難易度を選択してスタートボタンを押すとゲームが始まります。一度始まるとプレイヤーの体力が無くなるまで続き、ゲームオーバーになるとそこまでのスコアが表示されます。

トリガーを引くと射撃、タッチパッドを押すとリボルバー・サブマシンガン・アサルトライフルの順番で銃を変えることができます。一定数の弾を打ち切るかグリップボタンを押し込むことでリロードができます。

移動に関してはタッチパッドを押し込むと移動できるポイントが表示されます。そこにコントローラーを向けて手を離すとスライド移動することができます。
image01

マップは明るい建物内の他に暗い屋外のマップもあります。こちらは視界が悪く、ふと気がつくと敵が真横に居たりすることがあるため注意が必要です。

おすすめポイント

このゲームが特に力を入れているポイントのひとつが破壊表現です。机や壁、柱といった物に銃弾が当たると砕けて破片が飛び散ります。「銃を使って襲ってくる敵を倒す」という内容のVRゲームは数多くありますが、筆者が体験した中でここまで破壊表現がある作品はありませんでした。盾になるような物陰でリロードしていると敵からの射撃で壁がどんどん破壊されて……というアクション映画のワンシーンのような体験をすることができるのが特徴です。

Basketball Babe

『Basketball Babe』はステージに配置されているバスケットゴールに向かってボールを投げ、シュートを決めながらポイントを稼ぐというスポーツゲーム。
image05

ゲームスタート後、プレイヤーキャラは自動で前に進んでいきます。地面には「TIME 1:00 SCORE100」といった、一定時間以内に特定のスコアを獲得せよと書かれた帯があります。帯にたどり着くまでに条件を満たしていればゲーム継続、満たせないとゲームオーバーになります。

何も無い状態でトリガーを引くと手の中にボールが現れます。その状態で手を振ると同時にトリガーを離すことでボールを投げることができます。この動作を繰り返してポイントを稼いでいきます。
image00
ゲーム中には!のマークが上に表示されているゴミ箱が出てきます。このゴミ箱にボールを当てて倒すと一定時間ポイントが3倍になるボーナスタイムになります。

おすすめポイント

手首の捻りだけではうまく入れることができず、軽くジャンプするように体全体を使ってボールを投げるとうまくゴールに入れることが出来ます。体全体を使ってプレイするため本当にバスケットボールをやっているような体験ができることが特徴です。

Slider Quest

Slider Questはフィールドに配置されてるブロックやレーンなどのアイテムを使い、緑色の玉をゴールのカップまで導くというピタゴラスイッチのようなパズルゲーム。
image03
ゲームスタート後、フィールドにはステージ毎にさまざまなアイテムが置いてあります。アイテムは掴むことができるので、そのまま移動したい場所まで持っていき、手を離すと固定できます。

左手のタッチパッド上部を押すとゲームが開始され、宙に浮いているボールが動き出します。ゴールカップにうまく入らなかった場合はタッチパッド下部を押すとボールが元の位置に戻ります。

移動は右手のタッチパッドを押し込むと移動先を指定するポインターが出て、離すと指定した位置にテレポート移動することができます。
image02

アイテムを配置してボールが転がって行くのを見るだけの場合と、転がっている途中に自分でアイテムを動かしてボールを移動させる場合の2パターンがあるので注意が必要です。

おすすめポイント

このゲームはアイテムを配置してボールが動くのを見るだけではなく、自分でアイテムを動かしてボールを移動させる場合もあり、細かい調整が必要になります。そのため自分の思った通りにボールが動いてゴールした時は強い達成感を感じることができるのが特徴です。

★今回のレビューに使用したPC
G-Tune LITTLEGEAR i310PA4-SP3-VRF GTX1080搭載モデル 

■OS : Windows 10 Home 64ビット
■CPU : インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
■グラフィックス : GeForce® GTX 1080(8GB)
■メモリ : 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
■SSD : 240GB Serial ATAIII
■チップセット : インテル® H110 Express
■電源 : 500W 【80PLUS® SILVER】
■外部インターフェイス : USB 3.0(Type-A)×2[前面]
DisplayPort×3,DVI×1,USB 3.0(Type-A)×2,USB 2.0(Type-A)×2[後面]

毎週、HTC Viveの新作リリース情報を紹介しています!バックナンバーはこちらです!

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • doron

    専門2年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/