より小型で安価になって2017年後半に登場 HTC Vive向け新型トラッキング装置の改善点


Valve社はメディア向けに行った会見上で、位置トラッキングシステム「SteamVR Tracking」用ベースステーションの次世代サンプルを公開しました。今年後半には単独での発売を開始し、サードパーティ製のトラッキングデバイスと組み合わせて利用できるようになるとしています。

新型ベースステーションの改良点

Valveは現在、HTC Vive向けに位置トラッキングシステム「Lighthouse」と呼ばれる仕組みを提供しています。このシステムは、体験エリアの周囲に配置するベースステーションと、ベースステーションから発したレーザーを受ける受光部がヘッドセットに内蔵されており位置を認識(トラッキング)するというもの。その結果、プレイヤーは部屋の中を自由に動き回ってVRコンテンツを体験できます。

会見では、今年の後半に、新型のベースステーションを単体で販売することが明らかになりました。新型ベースステーションの最新サンプル(上図)では、内部で回転するローターが2つから1つと簡素化されつつ、トラッキング性能は向上しています。

2016年の後半には、新型ベースステーションのプロトタイプを発表していましたが、開発に携わっているJoe Ludwig氏によると、まだ開発途中であり、さらに形状が変更する可能性があると述べています。

現在発売している初代ベースステーションは2つモーターを内蔵していましたが、シングルモーターとすることで、「より安く、小さく、軽く、騒音を減らし、消費電力を抑え、トラッキング精度も若干向上し、視野角も若干広がる」とLudwig氏は述べています。従って、基本的にはあらゆる面で次世代のほうが良くなるとしています。
また、ValveのChet Faliszek氏は、新しいベースステーションが既存のHTC Viveといった機器との後方互換性を有しつつ、現在開発が行われているサードパーティ製トラッキングデバイスにも対応するとTwitterで述べています。

将来的には”ルームスケール”から”ハウススケール”を目指す

より精度の高いトラッキングとトラッキングエリアの向上は、あらゆるVRトラッキング技術で歓迎される展開です。さらにValveは、現在の”ルームスケール”トラッキングは始まりに過ぎないとしています。同社は過去に、ベースステーションを2つ以上同時に使うことをサポートできるとも述べています。今回の会見でもGabe Newell氏が、トラッキングエリアを任意に構成する機能により、将来的に”ルームスケール”から”ハウススケール”へトラッキングエリアを拡大していきたいと述べています。

(参考)
Closeup: Next-generation SteamVR Tracking Base Station is “Better in every way” – (英語)
http://www.roadtovr.com/closeup-next-generation-steamvr-tracking-base-station-better-every-way/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ