HTC、『Fallout 4 VR』など注目・人気VR作品を東京ゲームショウで展示

VRデバイス「HTC Vive」を展開するHTC Corporation(HTC)は、9月21日より千葉の幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」にてブース出展の発表を行いました。

同ブースでは、HTC Viveを利用した『Fallout 4 VR』や『Rez Infinite』といった国内外の注目・人気タイトルのVR体験が可能となっています。出展タイトルを以下にて紹介します。

VIVEブース出展タイトル

『Fallout 4 VR』(ベセスダ・ソフトワークス)

https://www.youtube.com/watch?v=Rf6wb3cIxt8

『Fallout 4』は核戦争後の荒廃した世界を舞台とした自由度の高いオープンワールドRPGで、発売から世界各国で200以上のアワードを獲得しているタイトルです。本作のVR版である『Fallout 4 VR』は、VR向けに新しくなった戦闘や建造システムが登場し、新たな感覚で探索をプレイできます。

『Rez Infinite』(エンハンス・ゲームズ)

https://www.youtube.com/watch?v=0pXK2Lz_RaA

『Rez Infinite』は、ワイヤーフレームで描かれた電脳世界の中で敵をロックオンして撃墜していくVRシューティングゲームです。本作は「共感覚」がコンセプトとなっており、映像、音、振動がシンクロする独特なプレイ感覚を生み出しています。

今回の展示では、ゲームの世界と一体になる感覚を得られる「シナスタジアスーツ」を着用してのVR体験が行えるとのこと。

『暗殺教室VRジャンプフェスタの時間 』(集英社・アルファコード)

週刊少年ジャンプの人気漫画『暗殺教室』をVRゲーム化したシューティングゲームです。体験者は、3年E組の生徒となって「殺せんせー」の特別授業「バルーンチャレンジ」を受けることになります。殺せんせーが教室内を360度走り回りながら飛ばしてくる風船を割って暗殺者として腕を磨くという内容になっています。

今回の展示は、イベント専用のマルチプレイバージョンとなっています。
(Steam版『暗殺教室VRバルーンチャレンジの時間』はシングルプレイ)

『VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』 (バンダイナムコエンターテインメント)

TVアニメ『装甲騎兵ボトムズ』に登場するスコープドッグに乗り込み、体験者同士が1対1のリアルバトリングをVR体験できるコンテンツです。本コンテンツは、東京・新宿のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」からの特別出展となります。

・【体験レポ】VR ZONE、原作に忠実なボトムズとステージからライブを盛り上げる新感覚
http://www.moguravr.com/vr-zone-votoms/

『囚われのパルマ VR面会』(カプコン)

スマートフォン向け恋愛アドベンチャーゲーム『囚われのパルマ』に登場するイケメンキャラクター「ハルト」と「アオイ」にVRで面会できるコンテンツです。

『VR Real Data Baseball by Bascule』(バスキュール)

プロ野球選手の投球データをもとに投球の速度、回転数、軌道を再現するVRコンテンツです。体験者はヘッドマウントディスプレイを装着し、センサーを組み込んだミットとバットを操作することで、キャッチャーとして時速160㎞の剛速球をキャッチしたり、バッターとして打撃したりと野球体験ができます。

『VIVELAND』

台湾にあるHTC Viveを使用したアトラクション体験ができるVRアーケード「VIVELAND」。今回は現実にある物の位置をトラッキングすることが可能な「Vive Tracker」とモデルガンを利用した、4人マルチプレイシューティングゲームが展示されます(
本展示は9月21・22日のビジネスデイのみの展示)。

VRクリエイターによるトークショーも開催

9月23日、同ブースPRエリアでは、VRクリエイターのトークショー「VRの今がわかる! クリエイターズトークショー@TGS2017 VIVEブース」が実施されます。

本トークショーでは、『Rez Infinite』のプロデューサーである水口哲也氏や、VR開発者でもある株式会社エクシヴィの近藤義仁氏、VR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」を運営する株式会社バンダイナムコエンターテインメントから小山順一朗氏、田宮幸春氏らが登壇します。タイムスケジュールは以下の通りです。

・10:30~11:00
エンハンス・ゲームズ 水口哲也氏(『Rez Infinite』プロデューサー)
・11:15~11:45
株式会社アルファコード 水野拓宏氏、佐々木拓氏(『暗殺教室VR』開発チーム)
・11:50~12:20
スポンサーセッション エヌビディア 澤井 理紀氏
・12:30-13:15
株式会社バンダイナムコエンターテインメント 小山順一朗氏、田宮幸春氏
(VR ZONE SHINJUKU Project i Can)
・13:30~14:15
株式会社エクシヴィ 近藤義仁氏(GOROman)
・14:30~15:00
株式会社バスキュール 桟義雄氏、佐々木大輔氏(『VR Real Data Baseball by Basucule』)
・15:15~15:45
スポンサーセッション 株式会社アスク 納谷幸広氏(Corsair担当)
・16:00~16:45
株式会社カプコン 平林良章氏(『囚われのパルマ』プロデューサー)
 
MC: PanoraVR 広田稔氏
Youtube生放送&アーカイブ配信:PanoraVR (YouTubeページ

VRアーティストによるパフォーマンスも

https://www.youtube.com/watch?v=TckqNdrdbgk

また9月24日のPRエリアでは、VRアーティストのせきぐちあいみさんによるVRペイントツール『Tilt Brush』を使ったパフォーマンスが行われます。来場者は作品体験を行えるとのことです。

イベント概要

イベント名

東京ゲームショウ2017

会期

・ビジネスデイ
9月21日、22日 10:00 ~ 17:00
・一般公開
9月23日、24日 10:00 ~17:00

会場

幕張メッセ  1ー11ホール、イベントホール、国際会議場

アクセス

・JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩約5分。
・JR総武線・京成線 幕張本郷駅より「幕張メッセ中央」行きバスで約17分

入場料

・一般(中学生以上) :1,200円 (前売券:1,000円 )
・ 子供 (小学生以下): 無料
前売り券の購入はコチラのページより

主催

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

公式サイト

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/

関連するキーワード: HTCTGS2017

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ