宿泊時にVRを体験 名古屋のホテルがサービス開始

テックファーム株式会社と株式会社ミライトは、8月31日、ホテル客室内にて専用タブレット端末を用いたVRコンテンツの決済・購入サービスを、9月1日にオープンした名古屋市の新規ホテル「ホテルビスタ名古屋[錦]」に導入したと発表しました。本サービスは2017年5月1日から提供を開始しており、2018 年 3 月には導入数の倍増を目指しています。

宿泊者個人のスマートフォンで簡単決済  

宿泊客は客室に設置された客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』にてサービスを購入し、QRコードを撮影することで購入で続きを行います。スマートフォンからコンテンツを購入するため、部屋に利用・支払い履歴を残すことなく利用できます。

安心・手軽なVRコンテンツを提供 外国人宿泊客の利用促進も狙う

支払い方法は各種クレジットカード、Amazon Pay、LINE Payに対応。今後はAlipayやビットコインなどの決済手段への対応を進め、訪日外国人宿泊客の利用促進も図っていく、とのことです。

本サービスで提供されるのは様々なキャラクターや俳優、アイドルが登場するコンテンツを体験できる「VR THEATER」。コンテンツは「VRTHEATERサービス」から厳選した作品をはじめ、その他 1 本あたり 7 分から 15 分の有料のコンテンツ(300 円~)を 16 本、無料のコンテンツを 12 本用意しています。また、順次コンテンツは追加されるとのこと。

ホテルビスタ名古屋[錦]

アクセス

愛知県名古屋市中区錦3-3-15
地下鉄東山線『栄駅』1番出口から徒歩5分

料金

一泊1名 15,000から

url

https://www.hotel-vista.jp/nagoya-nishiki/

(参考)
客室内でスマートフォンにてコンテンツを決済・購入できるサービスを拡大
9月1日 『ホテルビスタ名古屋[錦]』より導入 / @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/136729

関連するキーワード: テックファームミライト

この記事を書いた人

  • MoguraVR編集部インターン。洋画、VR\ARツール、アニメーション全般が好き。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ