スマホVRヘッドセットメーカーのHomido、販売総計50万台突破

スマートフォンを装着して使用するタイプのVRヘッドセットを開発、販売するフランスの「Homido」社は最初のモデルを発売した2014年より販売総数が約55万7,000台に達したことを発明らかにしました。

PlayStation VRやOculus Rift、HTC Viveなどの主要なVRヘッドセットデバイスの販売総数が不透明な中での実績値の情報公開となりました。Homido社はVRヘッドセットのメーカーとしては一般的に有名というわけではありませんが、2016年のVRへの関心の高まりを経て、販売台数を伸ばしたと考えられます。

Homidoの製品ラインアップ

Homido社は、2014年の「Homido V1」のリリース以来、様々なスマホ向けVRデバイスを販売してきました。その販売内訳も明らかになっています。

モデル名 特徴 国内価格(税込) 発売時期 販売台数
Homido V1 最もスタンダードなスマホVRヘッドセット 2014 12万台
Homido mini ポケットサイズのVR眼鏡 2,000円 2015 24.4万台
Homido Grab 子供向け 2016.9 6.3万台
Homido V2 新型フラッグシップモデル 9,720円 2016.8 6~7万台

Homido V2

Homido mini(左)とHomido Grab(右)

Homido社は、VRヘッドセットだけでなくゲームパッドや360度カメラの販売を行っているほか、独自のモーションコントローラーの開発に取り組んでいることも明らかになっています。

出荷台数から窺えるスマホVRの拡大

PlayStation VR等のハイエンドVRヘッドマウントディスプレイの2016年の出荷台数がいずれのデバイスも100万台に達しないとの予測が多い中、スマホを使ったデバイスの出荷台数は伸びていることが伺えます。

Oculusは2016年4月時点で、Gear VRの月間アクティブユーザー数が100万人を超えていることを明らかにしています。日本でも国内にスマホ向けのVRデバイス「ハコスコ」を展開するハコスコ社が2016年の出荷台数が40万台を突破したことを明らかにしています。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ