現実空間に360度動画をプカプカ表示 ハコスコ公式HoloLensアプリ『ホロスコ』公開

4月1日、株式会社ハコスコは、現実空間に3Dモデルを表示できるとして注目を集めているMRデバイス「HoloLens」の専用アプリ『ホロスコ』をリリースしました。

『ホロスコ』は、同社が運営する360度動画共有サイト「ハコスコストア」のコンテンツを、現実空間上に表示することができるアプリです。『ホロスコ』は、2017年1月に発表されたOculus Rift向けベータ版に続く、「ハコスコストア」のハイエンド端末対応アプリの第2弾となります。

『ホロスコ』は、HoloLensのMR機能により、現実空間に「ハコスコストア」の360度コンテンツをキューブ状にしていくつも表示することができます。

これまでのVR体験とは異なる、現実空間と繋がる形の新しい360度映像体験ができる、としています。

サービス概要

名称 ホロスコ(英語表記:Holosco)
価格 無料
対応デバイス Microsoft HoloLens
ストアURL https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/holosco/9ngdwqncdjt0

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ