ウクライナ軍、HoloLensと組み合わせたヘルメットを開発

ウクライナ軍は、マイクロソフトの開発するMRデバイスHoloLensの実戦利用を試みています。

HoloLens

周囲の情報や敵の識別・ハイライトも可能

透明なウィンドウに画像や情報を表示できるHoloLensは、今まで建築や宇宙活動といった場での活用が進められてきました。

今回ウクライナのLimpid Armor社が開発した技術では、戦車や装甲車を囲む辺り360度の周囲の熱や光学に関する情報を見ることができます。

「Circular Review System」と名付けられたそのヘッドセットは、HoloLensと戦闘用ヘルメットを組み合わせて作られました。

Circular Reviewはまた、敵味方を識別・ハイライト表示し、指揮官からの司令を表示し、自動で敵対者をターゲットすることができます。さらには、ドローンや空爆が敵をマークする支援も可能です。

以下は同社の発表したスペック(英語)です。

HoloLens 

イスラエル軍も軍事利用を検討か

本ヘッドセットは10月11日、ウクライナの首都キエフで行われたイベント「Arms and Security 2016」で発表されました。

今までは管理下の施設のみで試験され、ヘッドセットも実戦では使われていませんでしたが、Limpid Armor社はすぐにでもCircular Reviewを広くウクライナ軍に投入する計画を進めています。

同社は同じシステムを民間にも提供するとしており、工事現場や飛行機・無人機のパイロットが周囲を確認できるシステムを開発中です。

HoloLensの軍事利用を試みているのはウクライナ軍だけでなく、ブルームバーグによれば、イスラエル軍も8月に2つのHoloLensを購入したことが分かっています。

「少なくともこうした軍事利用が世界では進められています」と、イスラエル軍のRotem Bashi氏は述べています。「私たちはこうしたデバイスをどう開発するか、私たちの軍事にどのような影響を与えるか、を解明したいと思っています」

HoloLens

(参考)
VRScout / Ukrainian Military Testing Microsoft HoloLens for Battle(英語)

http://vrscout.com/news/ukrainian-military-microsoft-hololens-battle/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor