HoloLensを使用した未来のビジネスモデルとは? 近畿大学でMR技術を議論

メディア運営やアプリ開発事業を手がける「株式会社ゆめみ」と近畿大学経営学部の准教授である布施匡章氏は、2017年5月15日に近畿大学東大阪キャンパスにて、「MR技術がもたらす未来のビジネスモデル」を学生らが議論するイベントを開催します。

本イベントは、現実世界の空間に3Dホログラムの世界を融合させるMR技術を体験できる「HoloLens」を使用し、学生らがビジネスへの活用を考えます。また、学生が技術開発による環境変化に適応できる人材となる一助とすることを目的として行われるとのことです。

HoloLensでMR空間を操作する様子

企画者は近畿大学経営学部4年の山田良治氏。本企画は、企業から与えられた課題を学生が解決する実践型ビジネスプランコンテストの一環となっています。

イベント概要

日時2017年5月15日15:00から16:30
場所近畿大学東大阪キャンパス アカデミックシアター1階 ACT-314
対象経営学部 布施ゼミ所属の学生(22人)

 

なおHoloLensを使用するプロジェクトは、建設業における計画・工事・検査の効率化や業務生産性の向上を目指す「Holostruction」や、教育・セミナー・ライブイベントなどに特化した多人数が同じ空間を共有することができる「DAHLES」などといった幅広い分野での活用が行われています。

(参考)
プレスリリース

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ