まるで魔法 HoloLensで日本地図を一度も間違えず正確に描けるように

Microsoftが開発した、現実空間上に3Dモデルを表示することができる、MRデバイスのHoloLens。面白法人カヤックのVRチーム、カヤックVR部@kayac_vr)は、HoloLensを使って、正確に日本地図を書いている試み行いました。その様子が動画で公開されています。

スラスラと簡単に、HoloLensを使って日本地図を書く

カヤックVR部(@kayac_vr)によると、画像素材を空間に配置できるアプリを作り、日本地図の画像を読み込んで、ホワイトボードの面に配置し、それをなぞったとのこと。

描き始めの様子。見ているとわかりませんが、描いている人は画像をなぞっているため、迷うことなくスラスラと書いていきます。

男性が頭にかぶっているのがMRデバイスのHoloLensです。

日本地図が完成しました。細かい凸凹や、小さい島まで非常に正確に日本地図が書かれています。特筆すべきはミスの少なさとスムーズさ、2重に書かれるところが多少あったものの、1回も消したりすることなく完成しました。

HoloLensで目指す未来

カヤックVR部に、HoloLensを使った今後の取組みについて伺ったところ、
「単純なことでも、HoloLensを使うと解決できることがたくさんあると思うので、そのあたりを探っていきたいと思っています。かゆいところに手が届くような実用的な使い方はもちろんですし、ちょっとふざけた、いたずらっぽい提案もどんどんしていこうと思っています。」とのこと。

HoloLensの新たな可能性を広げる、今後の活躍にも期待が高まります。
今後、カヤックVR部は、Hololensの受託制作も力を入れていくとのこと。 詳しくはこちら kayac.com/service/vr

(参考)
http://vr.kayac.com/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ