MRデバイス「HoloLens」法人向けキットが登場 新機能も

image00 copy copy copy copy copy copy copy

マイクロソフトは、自社で開発しているMRデバイス「HoloLens」の企業向けキットをリリースしました。これは以前から販売している開発者向けキットに、仕事での使用を配慮したいくつかの新機能を追加したセットです。公式サイトはこちら

マイクロソフト公式による、「企業向けHoloLens」の紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=uWS3C95aehQ

企業向けのHoloLensに搭載される新機能

image01 copy copy copy copy copy copy

HoloLensの開発者向けキットは1台3,000ドル(約30万円)で販売が開始されています。記事執筆時点にて、北米での購入のみとなっており、日本からは購入できません。

今回マイクロソフトは、従来のHoloLensに企業が仕事環境に取り入れやすくなる新機能を追加し、「Ready for business」(ビジネス用途に対応)として告知を行いました。追加された機能は以下のとおりです。

〇キオスク・モード
たとえば指定したアプリ以外の使用を禁じるなど起動可能なアプリを制限できる機能。

〇モバイル・デバイス・マネジメント(MDM) for HoloLens
Microsoftが提供するクラウド型PC管理サービス「InTune」のように、複数のHoloLensデバイスを同時に管理することができる機能。これによって設定、アプリのインストール、セキュリティ設定などを一括で行うことができます。

〇ID管理
Azure Active Directory と次世代のPINアンロックシステムを使用可能

〇ビジネス向けのWindows Update
OSのアップデートがコントロールされており、固定化モデル(LTSB)に対応

〇データセキュリティ
HoloLensには、Bitlockerによる暗号化とセキュアブートを搭載。他のWindowsデバイスと同じレベルのセキュリティ保護システムを提供

〇ネットワークへのアクセス
企業内のメンバーなら誰でも、HoloLensのバーチャルプライベートネットワークを通じて外から共同ネットワークにアクセスすることが可能。またHoloLensはWi-fiネットワークにもアクセス可能(認証が必要)

〇ビジネス向けのWindowsストア
企業専用のプライベートなストアを開設し、そこにHoloLensで使用するアプリなどを置くことができる。指定したメンバー以外はアクセスができないなど、セキュリティ面にも配慮

また上記機能以外に法人向けセットに含まれるものは以下の通りで、これまでの開発者版に付属したものと同じとなっています。

・開発者向けMicrosoft HoloLens
・クリッカー
・持ち運び用ケース
・極小繊維の布(レンズ拭き)
・充電用アダプター
・マイクロUSB 2.0 ケーブル

HoloLensは既に、NASA(記事)や各国の航空会社(記事)などの企業の現場で実際に取り入れられ始めています。

またマイクロソフトは、HoloLensに使われているプラットフォーム技術「Windows Holographic」をサードパーティに公開しており、将来的にはあらゆるデバイスがWindows Holographicを通して連携をし、物理世界とバーチャル世界とを簡単に行ったり来たりできる未来の実現を目指しています。(紹介記事

なお、HoloLensに関する詳しい紹介はこちらの記事で行っています。

注目のMRデバイスとして、ますます期待が高まります。

(参考)
Introducing the Microsoft HoloLens Commercial Suite. – Microsoft公式サイト
https://www.microsoft.com/microsoft-hololens/en-us/commercial-suite

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/