Microsoft、ホログラムを投影するMRヘッドセット『HoloLens』の開発者版を2016年第1四半期に3000ドルで出荷

Microsfotは開催中のイベントにて、開発を進めているホログラフィック・コンピューター HoloLensの開発者版を、3000ドル(約36万円)で、2016年第1四半期に出荷することを明らかにしました。

HoloLensは、Microsoftが開発を明らかにしていたデバイスで、現実空間にWindows10のウィンドウなどを投影してジェスチャーで操作したり、立体的なイメージを投影することができる、ホログラフィック・コンピューターです。

その性能については多くがまだ謎に包まれていますが、Mogura VRでこれまで報じてきた記事はこちら。

マイクロソフト、HoloLensを医学の教育現場で活用する新たな動画を公開

マイクロソフト、HoloLens活用の研究の提案を募集。5つのプロジェクトに実機と総額50万ドル

【動画あり】Microsoft、E3でARデバイス「Hololens」を使用したマインクラフトのデモを公開

【動画引用あり】ホログラムが生活の一部に。マイクロソフト、ARデバイス「Hololens」を新たに実演


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: HoloLens

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii