まるでGANTZ、HoloLensでキリンをテレポート『HoloGiraffe』

現実空間にバーチャルなものを表示できる、ゴーグル型MRデバイスのHoloLens。
株式会社ViRDの、のしぷ(@noshipu)氏は、HoloLensを用いて、現実空間にキリンをテレポートしたり、そのキリンを別の場所へ転送している動画をSNSにアップしました。

現実空間にキリンをテレポート


アプリの操作はシンプルで、床に視線をあわせ、指を倒す動作をすると、キリンのテレポートが始まります。
キリンのテレポートは足から始まり、マンガの「GANTZ」を彷彿させるようなエフェクトが入っています。
キリンの首が天井に届くと、天井に穴が空きます。

テレポートされたキリンは、別の場所に移動することも可能です。視線を床に合わせて指を倒す動作をすることで、その場所への転送が始まります。

アプリの価格は無料、3月中に配信予定であるとのこと。

モデリングのできるVRアプリ『Makebox』をHoloLensで

のしぷ氏は、HoloLensを使った今後の活動として、同氏が開発したVR空間で3Dモデリングができるアプリ『Makebox』との連携を考えているとのこと。

プロトタイプ

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ