映画の舞台をVR体験 『ひるね姫』の舞台・瀬戸大橋でハーツに乗って空中ドライブ

VR体験は違う角度から映画を楽しめるコンテンツとして、作品のプロモーションとして展示、配信されることが増えています。さらに舞台となった場所への観光のプロモーションとしても注目され始めました。

2017年3月18日~全国で公開されている劇場版アニメ『ひるね姫~知らないワタシの物語~』はプロモーションの一環としてVR体験を行っています。

『ひるね姫』とは

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』は『TVシリーズ版攻殻機動隊』や『東のエデン』を監督した神山健治氏の最新作。2020年東京オリンピックが開催される夏、岡山県倉敷に住む主人公の女子高生ココネが、現実とリンクした不思議な夢を見るようになるようになるというあらすじ。夏休み直前、突然事件に巻き込まれたココネは、次々と浮かび上がる謎を解決するため夢と現実を行ったり来たりしながら真実に近づいていきます。

映画の設定は少し未来のお話なので、VRヘッドマウントディスプレイや自動運転車などが登場します。SFを描いてきた神山監督が考える、少し未来でのVRやAIの社会の溶け込み具合も見られます。

本作では映画のプロモーションと、映画の舞台となった倉敷の観光プロモーションとしてVR体験『ひるね姫×くらしき HEART DRIVE ハーツVR試乗会』が制作されました。

※本記事のスクリーンショットは、体験の雰囲気を伝えるためYouTube版からのキャプションになります。

瀬戸大橋をのぞむ空中ドライブ

『ひるね姫×くらしき HEART DRIVE ハーツVR試乗会』は劇中でココネが体験したようにサイドカー「ハーツ」に乗って、瀬戸大橋の上空を飛行するというもの。

hirunehime2.png
hirunehime4.png

Gear VRを被り、体験が始まると、海は夕焼け色、空は青空の幻想的なCG空間が広がります。サイドカー姿のハーツが背後から走ってきて、体験者の下で止まります。体験者の身体はVR内では存在しないため、座った感覚は余り感じませんが、映画を見た後ではハーツの座席にいるだけでも嬉しくなります。
hirunehime1.png
ハーツが前進すると目の前の空間がシャボン玉が沸くように穴が開き、現実の瀬戸大橋の空間とつながります。前方は青空の下、現実の瀬戸大橋、後ろを向くと、幻想的なCG空間という映画同様に夢と現実が入り混じったようなイメージになっています。
hirunehime3.png
映画をすでに見ている人には、あのシーンの再現かとすぐにわかるところです。サイドカーは、劇中でも使われたCGモデルとのことで非常に綺麗です。飛行中に気づいて驚いたことは、CGモデルの車体表面に現実の瀬戸大橋が映り込んでいること。本物のサイドカーを使って撮影したのかと、何度も目を凝らしてしまいました。

ラストのシーンは映画の鑑賞後に見るとより印象的です。

VR映像自体はすでにYouTubeで配信済みなので家でも体験可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=ewBZYshUQ8c

目立つ筐体でのVR体験

新宿マルイ アネックスでは、キャンペーンが行われており、映画内にでてくるサイドカーが変形したロボット「ハーツ」を象った椅子に乗って体験することができました。大きさも作中の大きさに近いため1階正面入り口という目立つ場所でもあり、非常に目を引きます。

P3190140.JPGP3190143.JPG
つるされているため座るとかなり不安定に揺れます

P3190148.JPG

体験時間は約2分。現実で座っているハーツは上から吊り下げられているため、グラグラと不安定に動きます。まるで本当にハーツに乗っているような浮遊感を得られました。

映画と観光のプロモーション

本作の配給元ワーナー・ブラザーズは新作キングコングの映画『キングコング:髑髏島の巨神』でもプロモーションとしてVRコンテンツを制作。本作のアニメーション制作Production.IGは攻殻機動隊のVRムービーコンテンツ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』 を制作、配信しています。

映画プロモーションとしてのVRコンテンツの内容としては、映画の導入部分や関連する世界観を体験をしてもらい映画に興味をもってもらうものと、見た後により映画を楽しんでもらえるような、作中のワンシーンを体験できるものの2種類があります。『ひるね姫』では、YouTubeやアプリで配信すると同時に、イベント会場では作品に沿った筐体を制作することで人目をひき、体験者の期待を高めています。

さらに作品の舞台のモデルとなった場所がある場合、観光場所のプロモーションとしてもVRコンテンツは注目されているようです。本VR体験は、『ひるね姫』の舞台の一つ倉敷の観光をPRする倉敷キャンペーンの一環です。

今後、映画のプロモーションに、観光プロモーションも兼ねたVR体験が増えるかもしれません。

VR体験『ひるね姫×くらしき HEART DRIVE ハーツVR試乗会』スケジュール

東京 ユナイテッドシネマ豊洲 ロビースペース 11:00~18:00 4月1日~2日
大阪 梅田ブルク7 ミュージアムスペース 11:00~18:00 4月1日~2日

※日時は各施設の都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください

この記事を書いた人

  • アニメや特撮、VR・ARが好きなだけな人です。Oculus等HMD、VR・ARの魅力を沢山の人に広めていければと思っています。

    Twitter:@kure_kure_zo

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ