セカンドライフ創設者のソーシャルVRアプリ『High Fidelity』早期アクセス開始

High Fidelity社の手がけるオープンソースVRプラットフォーム「High Fidelity」の早期アクセス版がSteamで配信を開始しました。

image00
High Fidelity社はセカンドライフを手がけたフィリップ・ローズデール氏が設立した会社であり、2015年度には1,100万ドルを調達しています。フィリップ氏は今年の「Silicon Valley Virtual Reality (SVVR) Conference and Expo」の基調講演で「Shared VR(VRで共有する、VRを共有する)」を提唱し、これを実現するプラットフォームとしてHigh Fidelityを開発しています。

High Fidelityは、オープンソース、クロスプラットフォームが特徴のソフトウェアで、Oculus RiftとHTC ViveのVRヘッドセットに対応しています。VRヘッドセットを持っていない場合は、PCデスクトップモードと呼ばれる通常のウィンドウモードでもアクセスできます。

High Fidelity内では、自由にアバターや建物などのオブジェクトを作ることができ、他のソフトウェアのオブジェクトデータをインポートすることも対応します(具体的なフォーマットは不明)。作ったモデルは「High Fidelity Marketplace」で他のユーザーとシェアできます。

早期アクセス版では、他のユーザーと交流したり、オブジェクトを作れますが、Marketplace機能はまだ入っていません。早期アクセス版によるテストは数ヶ月程度おこなう予定で、テスト結果をフィードバックしたあと、完全版として公開する予定です。完全版では、フィードバックに加えて、アバターの変更や、他のユーザーの場所の検索など、より簡単に使えるような改善も追加する予定です。

(参考)
High Fidelity公式サイト – (英語)
https://highfidelity.com/


High Fidelityダウンロード(STEAM)
http://store.steampowered.com/app/390540/

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • あつぽん

    あつぽん

    AR/MR関連の仕事をしています。最新ガジェットなら何でも心惹かれますが、その中でもVR関連は勢いがすごいので日々勉強中です。
    VRが身近になる中で、より質の高い情報を分かりやすく伝えていきたいと思っています。
    趣味は、スノーボード、サーフィン、sk8。
    現在ニューヨーク在住です。

    Twitter:@atupon
    Blog:http://nybiboroku.info/