千年以上続く「比叡山」の修行 360度動画で巡る

360度動画は、自由に見たい場所を視聴できるため、まるで自分が現地にいるような体験ができます。

今回、滋賀・大津市にある「比叡山」内で、千年以上受け継がれてきた修行「千日回峰行」の道を、歌舞伎役者・市川猿之助氏と一緒に巡拝できる360度動画が公開されました。

本動画は、千日回峰行の開祖である相応和尚の入滅後、1100年の節目を記念して制作されました。360度動画を通じて、相応和尚の業績や千日回峰行について理解を深めることを目的としています。

https://www.youtube.com/watch?v=zj929aBx0w0

1,000年以上続く修行「千日回峰」は、一度始めると辞めることを許されないことから、比叡山三大地獄の1つ「回峰地獄」と言われています。行者は、7年をかけて1,000日、比叡山中や霊石、岩や木々など20数キロ拝み歩きます。


無動寺明王堂・千日回峰行の拠点

700日を終えると、無動寺明王堂に入り9日間飲まず食わず寝ず、ひたすら仏に祈る修行を行うそうです。そして800日目までは約60キロ、801日目からは80キロ以上歩きます。

こうして千日回峰を満業した行者は「大行満大阿闍梨(だいぎょうまんだいあじゃり)」と呼ばれるようになります。

左:文殊楼:比叡山の総門。受験生の合格祈願にも人気があるとのこと。
右:玉体杉:修行者がここで祈祷を行う

本動画で訪れる巡拝場所は、無動寺明王堂、文殊楼、根本中堂、浄土院、にない堂、玉体杉、元三大師堂、日吉大社の8か所です。動画の視点を下にすると地図が表示されており、今巡っている位置が分かるようになっています。


根本中堂:比叡山延暦寺の総本堂
(参考)
天台宗 公式サイト
http://www.tendai.or.jp/koushin/kiji.php?nid=498

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 比叡山

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com