衝撃再現のVRジャケットがKickstarterでゴール


2月23日よりKickstarterファンディングで資金を募集していたジャケット型触覚フィードバックデバイス「Hardlight Suit」が、目標額の8万ドル(約898万円)を集めました。

一週間足らずで10万ドルを超える出資

Nullspace VRが開発する「Hardlight Suit」は、振動する16個のハプティック(触覚)デバイスを胸や腕、背中、肩に組み込み、雨が体を打つ感覚や殴られた時の衝撃を再現するハプティックスーツデバイスです。

23日のスタートから一週間足らずで10万ドル(約1122万円)を超える出資と240人の出資者を獲得しており、目標額であった8万ドルも達成。

デバイスはNullspace VRのAPIと統合されたソフトウェアによって連携し、ローンチタイトルとして14のVRゲームがHardlight Suitに対応すると発表されています。

対応するのは、未来の日本を舞台にサイバー×ニンジャを描いた『Sairento VR』、未来のレーシングゲーム『Redout』、道場で対ホログラムアーチェリーができる『Holopoint』など14のVRタイトル。

新たな目標としてワイヤレスアドオンが発表

割引価格でスーツが手に入る早期出資特典は最安値が売り切れていますが、興味を持った出資者はまだスーツを手に入れることができます。

現在のHardlight Suitは有線で、電源供給と入出力フィードバック用のUSB​​ケーブル一本がPCに接続されています。

チームは、クラウドファンディングのストレッチゴールとして、3~4時間持続するバッテリーとワイヤレス接続を実現するアドオンを発表しました。

Hardlight Suit」は引き続きKickstarterで出資を受付中です。

(参考)
Road to VR / Hardlight VR $499 Haptic Suit Kickstarter Passes $80k Target(英語)
http://www.roadtovr.com/hardlight-vr-499-haptic-suit-kickstarter-passes-80k-target/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ