ARで『ハガレン』のエドやウィンリィ、マスタング大佐に変身!

株式会社パルコは、大人気マンガ『鋼の錬金術師』(以下、ハガレン)とのタイアップキャンペーンを10月6日から10月31日まで、全国のパルコ16店舗にて開催することを発表しました。主人公であるエドワード・エルリック(エド)の弟であるアルフォンス・エルリック(アル)の等身大パネルや、『ハガレン』のキャラクターに変身できるAR体験コーナーが設置されるとのこと。


AR体験コーナーでは、アル等身大パネルの横にあるポップから図柄を読み取ると、スマートフォン画面上に「エド」「ウィンリィ」そして「マスタング」のいずれかの衣装が画面に出現。好きなキャラクターに変身出来たり、アルと一緒に撮影することができます。スマホで手軽にハロウィンの仮装やコスプレ気分が楽しめます。体験には専用アプリ「SATCH VIEWER」が必要になるとのこと。

本コラボは12月1日より公開される実写版映画『鋼の錬金術師』とのタイアップキャンペーンとなります。

現実には存在しないキャラクターを、VRやARといった技術を通して再現したり、作品の世界を体験するコンテンツは多数存在します。キャラクター×ARという部分に注目してみると、10月には大人気マンガ『ワンピース』のキャラクターが京都・二条城をARで案内するツアーイベントなども行われています。

(参考)
・プレスリリース

関連するキーワード: SATCH VIEWER鋼の錬金術師

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ