現実世界に出現した“コイン”を集めろ! AR車ゲームが新登場

ARテクノスポーツ「HADO」を開発する株式会社meleapは、MRデバイス「HoloLens」を使用してプレイするARカートアトラクション「HADO KART」の提供を開始しました。

2017年7月14日より神奈川・横浜にあるアミューズメント施設「THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット)横浜本店 」にて体験が可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=QrSjtZ4euuM

「HADO KART」は、HoloLensを装着して遊ぶARを活用したカートアトラクションです。現実世界のフィールド上に現れるコインを取ってスコアを競うゲームとなっています。公開されたプレイ動画では、3人プレイで遊んでいることが確認できます。

プレイヤー視点

サイドレバー引くことでドリフトができるというテクニックも行えます。

赤いドクロマークの爆弾に触れてしまうと、スピンをしながら集めてきたコインがばらまかれてしまいます。相手のプレイヤーからコインを大量にゲットできれば一発逆転もできるかもしれませんね。

タイムアップと同時にスコア順位が表示されます。

なお同アミューズメント施設では、3対3のチーム同士で戦う『HADO対人戦』や、次々と現れるモンスターを倒す『HADO SHOOT!』の導入されています。

MoguraVRでは、ニコニコ超会議2016で行われた『HADO対人戦』の体験レポートを行っています。

施設の概要

営業時間

9:00から24:00 (年中無休)

稼働日

2017年7月14日より
(『HADO対人戦』、『HADO SHOOT!』は13日より)

場所

ノースポート・モール6F
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1

駐車場

1590台(施設内共有)

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HADOHADO KARTHoloLensmeleapTHE 3RD PLANET

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com