RICOH THETA対応、ハンズフリーの360度カメラアプリ「ハコスコカメラ」がリリース。

ハコスコは3月1日、RICOH THETA Sを使った没入感の高い映像撮影・撮影体験ができるアプリ「ハコスコカメラ」をリリース。iOS・Android向けの無料アプリとして配信を開始しました。

hacosco-app

hacosco-app

スマホをハコスコなどの簡易型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)に入れたままアイコンの操作が可能。ライブビューを見ながら画面を凝視する事でシャッターが切れるため、ハンズフリーです。一眼二眼のどちらにも対応しています。

hacosco-app

こちらは、設定画面。撮影の解像度・シャッター音の調整ができます。シャッター音は無音まで下げられるため、静かな場所での撮影で迷惑になりません。

hacosco-app

撮影が終了すると、自動的に撮影されたファイルが表示されます。THETA S本体に記録されている画像リストから全天球動画の再生も行えます。画像閲覧時も、もちろんタッチ不要のハンズフリーです。

撮影する所から撮った画像を閲覧するところまで、スマホをハコスコ等の簡易型HMDにいれた状態で楽しめるアプリです。Gear VR向けにはTEHTA Sと連携する『THETA S VR』がリリースされていますが、『ハコスコカメラ』はさらに進んでVRで見ながら360度撮影ができるアプリです。

THETA Sをお持ちの方はぜひためしてみてはいかがでしょうか。

Google Play
iTunes Store

(参考)
・ハコスコ公式サイト//新アプリ登場!RICOH THETA Sに対応した 360°カメラアプリ「ハコスコカメラ」をリリース
http://hacosco.com/2016/03/camera_app_released/

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/