360度動画配信に販売機能を連動 ハコスコがサービス提供

株式会社ハコスコは、360度映像(ライブ映像・アーカイブ映像)配信に販売機能を連動させた「VRライブコマース・ソリューション」の提供を開始しました。

同サービスは従来のVR映像配信に加え「VRコンテンツ販売」および「VR映像配信を活用した商品販売」を可能にします。VRコンテンツを利用した販売ソリューションによって、事業者やアーティスト、インフルエンサーの情報発信やマネタイズのサポートを行います。

また本件の発表にともない、インフルエンサーマーケティング/コンテンツ販売/Eコマース分野の事業パートナーの募集も開始しました。問い合わせはコチラより。

同サービスの事例としては、ラップアーティストP.O.Pの「P.O.P ワンマン LIVE in TOKYO」の360度ライブ映像や、マジカルパンチラインの自由視点映像、VR世界旅行などがあります。なおPOPのLIVEでは、ハコスコが提供している360度ライブ配信サービス「ハコスコLIVE」が利用されています。

また、VRコンテンツの販売だけでなく、多様な商品の販売プラットフォームとしても利用可能。Eコマース機能をVRライブ映像と組み合わせることで、「いま、ここ」でしか買えないという購入動機を提供するとのことです。

左:コンテンツ販売、右:コマース(商品販売)

サービスの概要

サービス名

ハコスコVRライブコマース・ソリューション

販売機能

コンテンツ販売:クレジットカードおよびiOSアプリ内課金に対応
コマース:クレジットカード、販売者の販売サイトへの外部リンクも利用可能
(支払い手段は順次拡充)

視聴/購入方法

ハコスコアプリまたはWebブラウザで利用可能
コマース用の購入タグ機能は現在アプリでのみ利用可能

利用料金

販売価格の20%
iOS アプリ内課金の場合50%(内30%はAppleの手数料)
JASRAC管理曲の場合は30%

関連するキーワード: VRライブコマース・ソリューションハコスコ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!