【体験レポ】VRでガンプラになってガンプラバトルを体験!

8月11日〜8月14日の期間中『ガンプラ EXPO ワールドツアージャパン 2016 SUMMER』が池袋・サンシャインシティ 文化会館3階 展示ホールCで開催されています。

ガンプラEXPO
こちらのイベントでは「ガンダムビルドファイターズ(以下、「GBF」)の世界を体感」というテーマで「GBF」の世界を演出・展示で体験できるイベントです。

『ガンプラバトルVR』

ガンプラEXPO

この各展示の中、VRで「GBF」の世界を体感できるものが、『ガンプラバトルVR』。

ガンプラバトルとは、ガンプラを自由に操ることができる特殊粒子「プラフスキー粒子」を利用したバトルシステム内で行う、ガンプラ同士のバトルです。

「GBF」の世界では、世界大会が開かれるほどの大人気コンテンツです。今回の『ガンプラバトルVR』はそれを体験できるものです。

ガンプラEXPO

ガンプラEXPO

この『ガンプラバトルVR』の3DCG部分は株式会社バンダイナムコが担当し、ベース部分は株式会社シーエスレポーターズの『剣撃VR』が元になっています。2人で協力プレイできるシューティングゲームです。

HTC Viveを被ると、自分はビルドバーニングガンダムという設定です。見えている自分の体は右腕のみ。マシンガンを撃ってくるザクのビーム攻撃を右腕で打ち返します。相方はベアッガイⅢ、こちらはモバイルタイプのHMDをかぶり、頭を向けた方にビームを発射、ザクを撃ち落とします。2人で協力プレイするものです。
ガンプラEXPO

目を開くと、目の前にはアニメで見たバトルシステム。「SET YOUR GUNPLA」と木村昴さんの声が聞こえると一気にテンションが上がります。手前に置かれたガンプラビルドバーニングガンダムをコントローラーのトリガーを押してつかみ、すでにセットされた『GPベース』の上に置くと、青白く光る「プラフスキー粒子」が天井に向かい湧き上がっていきます。

ガンプラEXPO
「BATTLE START」の声と共に、月面のバトルシーンへ。

自分の右腕はビルドバーニングガンダムと同期。地球をバックにザクが撃ってくるビームを拳で弾き飛ばして攻撃、または、体を横に動かしてビームを避けます。左を見ると自分と同じ大きさになったベアッガイⅢがビームでザクを撃ち落としています。このベアッガイⅢは非常に可愛いです。自分の攻撃を忘れて抱きつきたくなる可愛さです。足元の得点表示にはハロ。特に何かリアクションがあるわけではないですが、いるだけで可愛いです。

ガンプラEXPO
攻撃してきていたザクがいなくなると、背中から、あのメガサイズザクが足音を響かせ、自分の頭を飛び越えていきます。それを追いかけて攻撃するビルドストライクガンダム。ビルドストライクガンダム一体で倒してしまうあたりはアニメ本編の展開とは違いますが。メガサイズザクの足の間から見上げることができ、姿は見えないけれど、近くに大きくなったセイやレイジがいるかのような気がして胸が熱くなる、心憎いサービスです。

得点が表示された後も、慌ててHMDを外さないでください、短いですが、エンディングで、ビルドストライクガンダムを人間と同じ等身大サイズで見ることができます。
ガンプラEXPO

ファミリーや小中学生に体験してほしいという企画で、大人だけで参加ができないことが残念です。

参加される方はイベント内にあるガンプラVRコーナー受付に並ぶ必要があります。

期間 2016年8月11日〜8月14日
時間 11日〜13日9:30-19:00
   14日 9:30-17:00

関連記事はこちら

この記事を書いた人