『ガングレイヴ』がVRで復活!PSVR向けに年内リリース

2002年にPlayStation 2用ソフトとしてリリースされた『GUNGRAVE』をPlayStation VR向けに最適化した『GUNGRAVE VR(ガングレイヴ VR)』が2017年内にリリースされると発表されました。

韓国のゲーム開発会社ブルーサイド社が発表を行い、本作の開発はゲーム開発スタジオIGGYMOB社が手がけています。現在『GUNGRAVE VR』と『GUNGRAVE G.O.R.E』を開発しているとのことです。

『GUNGRAVE VR』は、『GUNGRAVE』の世界観をそのままに2作目の『GUNGRAVE O.D.』以降のストーリーで展開する、VR専用のシネマティックアクションシューティングゲームです。三人称視点を通じた「フルブレイクアクション」と一人称視点の「ダイナミックシューティング」が盛り込まれています。

本作は、主人公の孤高の殺し屋「ビヨンド・ザ・グレイヴ」の2丁の愛銃「ケルベロス」による華麗な射撃と、背中に背負った「棺桶」を活用した豪快なアクションがそのまま継承されているとのことです。

また、『GUNGRAVE』のオリジナルイラストレーターの内藤泰弘氏、音楽を担当した今堀恒雄氏も『GUNGRAVE VR』に支援をしており、今堀氏が『GUNGRAVE VR』のために作曲した「Bara Armati」が本作のメインテーマ曲として収録さています。

『GUNGRAVE VR』は、Oculus Rift版、HTC Vive版のリリースも予定しているとのこと。

関連するキーワード: BLUESIDEGUNGRAVE VRIGGYMOB

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ