お台場のVR ZONEに「ガンダムVR」が登場 実物大のモビルスーツを体験せよ!

4月15日より東京・お台場に半年間の期間限定でオープンしているVRアクティビティ施設「VR ZONE Project I can」にて、8月26日から新コンテンツ「ガンダムVR ダイバ強襲」がオープンすることが発表されました。

この新コンテンツは、ガンダムの手にしがみつき、実物大のモビルスーツ同士の迫力ある戦いを間近で体験するものとなります。公式サイトでのアナウンスによると、現実のお台場を舞台とし、巨体がぶつかり合う衝撃、強烈な地響き、眼前でほとばしる熱、全てを再現する専用体感マシンで、その場に居合わせる臨場感を全身で体感できるとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=_HLpe96Wea8

体験料金は930バナコイン (1,000円)、体験時間は8分間となっています。なお当コンテンツは抽選の場合もあります。

「VR ZONE Project I can」とは

「VR ZONE Project I can」は、バンダイナムコエンターテインメントが2016年4月より半年間限定で開設しているVRアクティビティ施設です。

VRヘッドマウントディスプレイだけでなく、各アクティビティに合わせて特別に設計された筐体や設備を使って楽しむ、まさに”ここだけのVR体験”が可能となっています。

すでにロボットの操縦席でかわいいキャラクターのナビゲーションのもと戦闘を繰り広げる『アーガイル・シフト』、4人で協力型のホラー体験『脱出病棟Ω』など7つのアトラクションが稼働中です。7月からは、ロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」の世界をそのままに体験できる『VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』とライブステージの上にいる体験ができる『スーパースター体験ステージ マックスボルテージ』が追加されました。

本施設は10月中旬までとされています。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • RRhrKuW3

    Mogura VRの姉妹メディア「もぐらゲームス」編集長。大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。Mogura VRでは主に編集面などを担当。VRとゲームの交わる先が気になります。

    Twitter:@poroLogue

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/