君は、もう体験することができたか?ファン垂涎のガンダムフロント東京で体験する『ガンダムVR作戦』

※『ガンダムVR作戦』は、TOKYOガンダムプロジェクト2016の一環として開発されたものです。

お台場のダイバーシティ東京 プラザ7Fで営業するエンターテインメント施設「ガンダムフロント東京」。2Fのフェスティバル広場に設置された実物大ガンダム立像をはじめ、ガンダムシリーズの世界観を体感・体験できる施設です。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

そんなガンダムフロント東京では、11月22日より施設内有料ゾーンにて『機動戦士ガンダムVR作戦』と題したVRコンテンツを体験することができます。

機動戦士ガンダムVR作戦

時は宇宙世紀。連邦軍が秘密裏に計画中のVR作戦に伴い、開発中である“新型モビルスーツの視察”という設定で特殊な視察用PODに乗り込み、宇宙コロニーから大気圏突入を経て、視察現場に赴くというストーリーのVRコンテンツになっています。

どんな視察を体験できるのか、期待が膨らみます。

VRゴーグルとVR専用体感ポッド「TELEPOD」を使用し、振動を伴う没入感の高い体験ができます。

TELEPODで体験中の様子

往年のガンダムファンは特に楽しめる内容になっていました。モビルスーツの技術的な話が好きな人はさらに楽しめるでしょう。

休日には体験待ちの列ができることも。多い日には1時間以上待つこともあるそうです。

ガンダムフロントの魅力はVRだけじゃない!

もちろん、ガンダムフロント東京にはガンダムファン必見のさまざまな展示があります。

たとえば、等身大のガンダムキャラと2ショットが撮影できる「キャラクターフォトスポット」。初代『機動戦士ガンダム』から現在放送中の『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』まで、たくさんのキャラクターの中から自由に選んで撮影できます。筆者は、ガンダムシリーズの中でも特に好きな作品の1つで、もう50回は見たであろう『新機動戦記ガンダムW Ensless Waltz』の主人公ヒイロ・ユイと記念撮影をしてきました。

また、「撮影用コスチューム貸出サービス」がありました。

連邦軍の制服やザフト軍の士官服まで、さまざまなコスチュームが用意されています。憧れのキャラクターとおそろいもできますね。筆者はザフト軍の白服で『機動戦士ガンダムSEED』のラウ・ル・クルーゼと。「これが人の夢!人の望み!人の業!」

また、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場するモビルスーツ「 ZGMF-X20Aストライクフリーダムガンダム」の1/1サイズの胸像「RG1/1  ZGMF-X20Aストライクフリーダムガンダム」の展示もあります。こちらはなんとコクピットに搭乗可能!ストライクフリーダムに乗って記念撮影ができます。2002年に放送された『機動戦士ガンダムSEED』。筆者がちょうど物心付いた頃で、リアルタイムで視聴していました。その2年後、続編の『DESTINY』が放送されると聞いて放送日を心待ちにしたものです。

ストライクフリーダムのコクピットは内部も再現されています。特徴的なレーダーの円形モニターも再現。気分はハイマットフルバーストです。

また、OSの起動画面もバッチリ再現されています。劇中でも印象的なシーンですね。暗記したこともありました……。

他にも、ガンプラの原材料や小型射出成型機の展示があったり、取材に訪れた際には、期間限定開催の「ガンダムゲーム30周年展」が開催中だったりと、心躍る展示が盛りだくさんです。

ガンダムゲーム30周年展では、懐かしのファミコンから最新型のものまで、ガンダムゲームの歴史を作ってきた歴代の作品が並びます。

また、ガンダムゲーム30周年展には、作品に関連する機体のガンプラやゲームの特典として付属したガンプラなども展示されています。

マドロックは非常に好きな機体なので興奮してしまいました。連邦軍には珍しいホバー移動、スマートながらも武骨なデザイン、何より肩に装備された300mmキャノン砲!

また、物販スペースではガンダムフロント東京限定のガンプラも販売されています。

ガンダムフロント内の「DOME-G」でも大人気上映中の「Competition of NEW DUNDAM -RED or WHITE」に登場するZガンダム3号機やデルタガンダム弐号機も限定で販売されています。Z計画の可変機はやはり素晴らしいですね。ホワイト・ユニコーン機とはまたカラーリングの異なるZ3号機、シャアカラーのデルタガンダム、どちらも欲しくなってしまいます……。

また、夜間はダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場の実物大ガンダム立像がライトアップ。プロジェクションマッピングを用いた演出も行われます。

VR体験に加えて、さまざまな展示が楽しめるガンダムフロント東京。ガンダム好きにはたまらないスポットになっています。実物大ガンダム立像の展示は2017年3月5日まで、ガンダムフロント東京の営業は1ヶ月後の4月5日までで終了となっています。終了してしまう前にぜひ足を運んでみてください。※2016年12月現在の情報です。

(c)創通・サンライズ

(参考)

ガンダムフロント東京

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • writer_N/R

    高校2年生です。ニコニコ超会議でOculus Riftに出会い、その後友人にGear VRを布教されてVRの世界に入りました。VRの楽しさと可能性を伝えられればと思い、ライターをやらせてもらっています。

    Twitter:@8088nrN

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ