2017年のVR/AR投資は19億ドル 200万ドル以上は105社

アメリカのVR/ARに特化したリサーチ会社Greenlight Insightsは、2017年のVR/ARベンチャーに対する投資額は総額約19億ドル(約2,100億円)となったと発表しました。

Greenlight Insightsは毎年、VR/AR業界を取り巻くベンチャーキャピタルの情勢を評価するために、世界中の公的情報源からのデータを編集し検証しています。同社によると投資額全体で見ると「2016年を上回っているが、1社あたりの投資額は減少している」というのが2017年の流れだったとの事です。

競争激化で苦しんだベンチャー企業

2017年のシード投資とシリーズAラウンドの投資を受けた会社数は前年比27%増と大幅に増え、うち105社はVCから200万ドル(約2億2,000万円)以上を調達することができました。しかし平均調達額でみると、シード投資は平均9%の減少、シリーズAは平均17%減少するなど、プレイヤーが増えた分だけ大型調達は厳しくなっている現状のようです。

また全てのラウンドで見ても、1社あたりの投資額は35%も減少し、個々のベンチャー企業にとっては苦しい1年となりました。

市場は順調に成長

分析を行ったGreenlight Insightsは、「ベンチャーにとっては厳しい1年になったかもしれないが、VRエコシステムは依然として大きな成長を続けている」との見方を示しました。この厳しい競争を勝ち抜いて、突き抜けてくる企業はどこなのか。2018年の動向に注目です。

(2017 Virtual Reality Industry Report, Fall Update)
https://greenlightinsights.com/industry-analysis/2017-virtual-reality-industry-report/

(参考)
Investors Poured a Record $2B into VR/AR in 2017, But Early Stage Funding Slowed https://www.roadtovr.com/investors-poured-record-breaking-2b-into-vrar-in-2017-but-early-stage-funding-slowed/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: Greenlight Insights

この記事を書いた人

  • 田口大智

    明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho