グリー、VR市場へ本格参入。VRコンテンツ用の新スタジオ「GREE VR Studio」を設立。第一弾スマホ向けVRゲームを配信

グリー株式会社は、新スタジオ「GREE VR Studio」を2015年11月5日(木)に設立し、バーチャルリアリティ(VR)市場へ本格参入しました。
スマートフォン向けに第一弾タイトルとなるVRゲーム「シドニーとあやつり王の墓」の配信も開始しています。

image201511061122511

同社のプレスリリースでは、2020年にはVR関連ビジネスの売上高が300億ドル(3.6兆円)になるとの予想を引用し、「急成長するVR市場へいち早く良質なコンテンツを提供するため、開発に特化した専門部署として「GREE VR Studio」を設立」し、「今後はVR市場の成長に合わせ、ゲームのみならず、映像や体験型コンテンツなど広い領域での開発を手がけてい」くとしています。

グリーは、9月に開催された東京ゲームショウでOculus Riftを使った2人協力のパズルアドベンチャーゲーム『サラと毒蛇の王冠』を展示していましたが、いよいよ本格的にVRコンテンツの制作にとりかかることになります。

「GREE VR Studio」の第一弾コンテンツとして、遺跡を舞台にしたVRアクションゲーム『シドニーとあやつり王の墓』をAndroidiOS向けに配信開始しています。スマートフォンのみで360度で遊べるだけでなく、ハコスコやGoogle Cardboardといった1,000円程度のVRデバイスを使うことで、手軽にVRゲームとして遊ぶことができます。

image201511060334483

国内スマホゲームメーカーとしてVRへの本格参入を表明するのはコロプラに続いて2社目。Mogura VRが先日公開したインタビューでは、プラットフォームを問わずVRコンテンツを届けていきたいという話もあり、今後Oculus RiftやPlayStation VRなどへのコンテンツ提供にも注目したいところです。

関連記事:【インタビュー】TGSで話題のVRコンテンツを出展したグリーはなぜVRへ積極的に取り組んでいるのか

(参考)
グリー公式 / グリー、バーチャルリアリティコンテンツ市場への参入を目的とした新スタジオ「GREE VR Studio」を設立
http://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2015/1106-01.html

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/