グリーが第4四半期決算を発表、VRは投資・市場振興として取組

2017年8月3日、主にモバイル向けゲームやSNSの開発・運営で知られるグリー株式会社は、2017年6月期第4四半期決算を発表しました。

提示された決算説明会資料の「ゲーム事業」ページには、グリーが広く知られる要因となったモバイル向けネイティブゲームに並んで「VR」の欄も。

事例としては、株式会社スクウェア・エニックスとの共同開発による『乖離性ミリオンアーサー VR』のSteam VRランキング1位獲得や、日本最大級のメーカーや製造業向けVRカンファレンスとして「Japan VR Summit Nagoya」の開催等が挙げられています。

現在、決算短信等ではVR分野についての具体的な数値は挙げられていませんが、投資・開発および市場の開拓として歩みを進めている様子が伺えます。

Mogura VRではVRコンテンツやハードウェアだけではなく、過去にVR関連企業の決算公告についての記事を掲載するなど、VR・AR等に関連する企業についての決算情報等も提供しています。

・コロプラ子会社の株式会社360Channel「第1期決算」は1億4,691万円の赤字と官報に掲載
・VR体験施設「VR PARK TOKYO」開設2ヶ月で1万人集客
・ARエンジンを提供するKudan「第3期決算」を官報に掲載

(参考)
グリー株式会社 決算短信
http://corp.gree.net/jp/ja/ir/library/library.html

関連するキーワード: グリー

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ