GoProの360度撮影システムOmniの価格は一式で61万円。単品で18.4万円。予約を受付中

GoPro Omni

GoProは、ラスベガスで開催中の放送電子機器のイベントNABに合わせて4月17日、GoPro6台を組み合わせて360度動画を撮影するためのシステムOmniの詳細と価格を発表しました。翌4月18日から予約を受け付けています。

Omniは、GoProの最高機種HERO4 Blackを6台使用する360度撮影システム。各カメラの解像度は4K。最高で8Kの画質の360度映像になります。

パッケージには、カメラを配置するためのリグやバッテリー、リモコンなどとともに編集用のKolorソフトウェア・ライセンスが付属します。

GoPro Omni

手軽に360度撮影が可能なRICOH THETA SではフルHDレベルの画質が最高という状況。GoProを6台組み合わせての360度撮影はプロの撮影ではおなじみのもの。今回のOmniも8Kの撮影ができる機材ということでプロユースを前提としたものになります。

なお、一式を購入すると614,700円。カメラを組み合わせるリグ単体では184,000円。4月18日より予約を受け付けています。

プロ向け360度撮影機材は、GoogleのJUMPやNokiaのOZOなどを筆頭に100万円を超えるものから、GoProのOmniのように数十万円台のもの、ROCH THETA Sのように数万円で手に入るものなど様々なものがあります。

VRの普及と両輪の役割を果たしている360度映像。撮影機材は今後も様々な種類が登場しそうです。

(参考)
OMNI Is Here – GoPro News
https://jp.gopro.com/news/omni-is-here

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/