気軽にブラウザでVR グーグル、WebVRの作例集を公開

グーグルはブラウザ上でVRコンテンツが楽しめるWebVRをより広げるため、様々なWebVRのコンテンツを集め、ブラウザ上で体験できる『WebVR Experiments』を公開しました。

ブラウザで楽しめる『WebVR Experiments』とは

『WebVR』はGoogle Chromeでスマートフォン用VRデバイスDaydreamやCardboardがあればVRコンテンツのインストールなしでVR体験ができるサポートです。また、リンクアドレスを通して別のコンテンツを行き来することができ、気軽にVR体験ができます。

今回、『WebVR』の手軽さをさらに知ってもらうため、グーグルは『WebVR』で楽しめるVRコンテンツを集めた『WebVR Experiemts』をスタートしました。

https://www.youtube.com/watch?v=Jzrqrji_2xk

『WebVR Experiments』では、たとえば以下のようなVRコンテンツを楽しむことができます。

友達とVRを通してピンポンを楽しめる 『Konterball』。

自分の声で世界を探検できる『Speak to Go』。

空から雨の代わりに犬のおもちゃやピンポンが降ってきたらどんな音かを聞ける『SonicUmbrella

友達の力を借りてVR内のロボットを探す『Spot-the-Bot

ドーナッツになって敵をやっつける『Mr Nom Nom

『WebVR』は現在CardboardとDaydreamに対応していますが、Oculus RiftやHTC ViveなどのハイエンドVRデバイスのサポートも近々予定されています。また、VRデバイスを持っていなくてもブラウザ上でマウスポインタや指でなぞったり、スマートフォンを動かすことでVRコンテンツを楽しむことができます。

『WebVR』のAPIであるA-FrameはFirefoxを提供するMozzllaが進めており、オープンソースで提供され、誰でもコンテンツを制作することができます。FacebookもWebVRのための『React VR』を発表しています。

手軽に作成してウェブで公開するWebVR。まだ目立った大きな動きはありませんが、徐々に大企業の参入と事例が増えつつあります。引き続き注目したい分野の1つです。

(参考)
Come play with WebVR Experiments
https://www.blog.google/products/google-vr/come-play-webvr-experiments/ (英語)

関連記事はこちら

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ