Google、VRで手を使い3Dアニメーションを作るデモを公開

Daydream Labs

Google社内にあるVR研究チーム「Daydream Labs」は、VRの中に居ながら(ヘッドマウントディスプレイを装着したまま)、自分の「手」を使って直感的に3DCGのアニメーションを制作できるツールのデモを公開しました。

手を使ってできる、直感的なアニメーション作成ツール

3DCGのアニメーション制作といえば、難しそうなCGソフトを使い、パソコンの2Dディスプレイに向かって地道で膨大な作業をひたすら……というのが現在のイメージかもしれません。

しかし、今回GoogleのDaydream Labsが公表したデモは、誰でも簡単に、物体を自分の望み通りに「運ぶ」だけでアニメーションが作れてしまうというもの。

https://www.youtube.com/watch?v=aGbLX3YOebU

難しいソフトウェアの操作を覚えることも、センサーを用意することも必要ありません。ただオブジェクトをつまみ、自分が動かしたい軌跡に沿って移動させるだけでOK。

今回のデモ制作を通して、Googleはいくつか気づいたことを公表しています。

2Dのディスプレイ上ではなく3D空間内で3DCGアニメを作ることは、人間の直感に即しており、オブジェクトの位置設定などが極めて容易であること。

・VRでは、特別な技術を必要とせず、アニメ制作のために「学習」する必要がなくなること。これはつまり、どんな人でも「アニメーションを作ろう」と思い立ったら、その場ですぐに制作へ移ることができることを意味します。

・また、人はVR空間内が「遊んでよい場所」だとわかると、(VRの)モノを現実のモノと同様に扱うということも分かりました。中には楽しそうに声を上げて思い切り遊ぶ人もいたそうです。

以上に加えてDaydream Labsは、キャラクターの部位ごとに、個別のアニメーションを割り振ることができるデモも公開しています。

https://www.youtube.com/watch?v=VMJ5Yns93co

これはひとつのキャラクターに対して、手、足、頭・・・などと部位ごとに、別々のアニメーションを付与することができるというものです。

Daydream Labsの研究成果

Daydream Labsは、デザイナーとエンジニアがチームを組み、日々VRに関する研究をしているGoogleのVRチームです。今回のアニメーション制作ツールの他にも、自分たちの研究成果を公開しています。

Google Daydream Labs、コミュニケーションとVR体験の相互作用に関する知見を共有

GoogleのDaydream Labs、VR内でドラムを打つように文字入力を実現する「Drum Keys」の映像を公開

VRに関しては、明らかになっていない「知見」や「ノウハウ」がまだまだたくさん眠っています。このGoogleのスタンスのように、今後も開発者同士で積極的に情報を共有していけるといいですね。

(関連記事)
Googleの新プラットフォームDaydreamが加速するVR普及 ― すんくぼのWeekly VR第3回

空間に絵を描く新たなクリエイティビティ。Google、VRペインティングソフト『Tilt Brush』の新PVを公開

(参考)
Daydream Labs: animating 3D objects in VR – Google Developers Blog
https://developers.googleblog.com/2016/06/daydream-labs-animating-3d-objects-in-vr.html

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/